リンク集

2010年04月28日

3D映像の安全な視聴に関するガイドラインを発表



 映画「アバター」の成功は、3Dの映像化も関係しているようだ。最近は、新作映画のDVDの発売日も早まっている。「アバター」の新聞広告では、3Dは映画館でみようとうたっていた。映画館が生き残りをかけるための戦略として3Dが注目された。しかし、テレビの分野では、早くも3D方式のハードが開発された。テレビは、家庭という身近な環境下で見るものなので、健康に対する影響が考慮される必要があった。
 立体に見えても、それは、あくまでも脳の錯覚を利用したもので、網膜に映る焦点距離は、普通の映像と同じである。そのため、そのギャップから、脳に疲労感などの悪影響を与えることが危惧されている。
 今回、メーカーと国とで、3D映像を見る時の、安全性を確保するためのガイドラインが発表された。なお、小さな子供は、3Dの映像は避けた方がよさそうである。

『電機大手がこぞって3Dテレビ市場へ参入する中、日立(Hitachi)、東芝(Toshiba)、シャープ(Sharp)や政府系機関などからなる協会が、3D映像の安全な視聴に関するガイドラインを発表した。目まい、吐き気、目の疲れを防ぐために知っておくべき基本的なルールが掲載されている。

 人間は、左右の目に映し出された別々の映像の差異を脳が認識することで奥行きを感じている。3D映像はこの仕組みを利用し、専用メガネをかけ左右の目に少しだけ違う映像を見せることで立体感を出している。

 ガイドラインではまず、適正な視聴距離(テレビ画面の縦の長さの約3倍)を保つことや、長時間にわたって視聴し、機器の設定に間違いがないにもかかわらず奥行きを感じられなくなり二重の映像が見えるようになったら視聴を控えることを勧めている。

 また、さまざまな理由で人によって見え方は違うとしながらも、気分が悪くなったら視聴を停止すべきと促している。

 子どもの視聴に関しては、視聴が適切かどうかを保護者が判断することが望ましいとした。

 メーカー側に対しては、シャッター方式のメガネではシャッターの動きを一定に保つなど、視聴者に悪影響を与えないようなさまざまな予防策を取るよう求めている。』
posted by トッペイ at 02:41| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

石綿被害に関する注目すべき裁判と、薄れる国民の意識への危惧



 今回の裁判所の判決は、石綿被害の母親を介護している娘に対しても、損害賠償を認めた画期的なものであって、その判断は評価できるものである。
『大阪府和泉市でアスベスト(石綿)を使用した農業用機械部品製造販売会社「渡辺工業」の元社員、松本ケイ子さん(80)=同市=が石綿肺にかかったのは、同社が対策を怠ったのが原因だとして、松本さんと長女の西村ユキ子さん(63)が同社に計3630万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が21日、大阪地裁であった。田中敦裁判長は、松本さんを介護する西村さんにも慰謝料100万円を認定。慰謝料など2人で計2400万円の支払いを命じた。

 原告側弁護団によると、石綿被害など労災の訴訟で、生存する原告の家族の慰謝料まで認めた判決は異例という。「石綿被害者の家族が負う精神的・肉体的負担に配慮した判決だ」と評価している。

 判決によると、松本さんは1962年に入社。84年まで計21年間工場に勤め、石綿を使ったクラッチの組み立てに携わった。06年、石綿肺と肺結核と診断後、ほぼ寝たきりになった。西村さんは管理職として会社に勤めながら介護を続けたが、08年に退職しパートタイマーになった。

 判決は、松本さんが工場内で多量の石綿粉じんにさらされ石綿肺などにかかったと認定。働き始めた62年ごろには石綿関連の法規制があったのに、同社は粉じんを十分排気する装置を備えなかったり、マスク着用を指導するなどの対策を怠ったりしたと指摘した。西村さんについては「仕事を犠牲に介護や通院の付き添いを余儀なくされ、大きな負担を受けた」と述べた。

 西村さんは判決後の会見で「仕事が続けられなかった無念を晴らすことができた。渡辺工業は判決を真摯(しんし)に受け止め、一日も早く謝罪してほしい」と話した。

 判決などによると、渡辺工業は49年に設立され、農業機械大手の「クボタ」などにクラッチやブレーキを納入している。「石綿被害の原因は国の対応の不備で、責任の大部分は国にある。小企業と労働者はともに被害者で、国の責任を明らかにすべきだ」とコメントした。』

 しかし、今回の裁判が報じられることで、久しぶりに石綿問題についての記憶を呼び覚ました国民がどれほどいるのだろうか。
 日本人は、大事な事も忘れやすい国民といわれている。あれほど、騒がれた石綿問題も、今は、忘れている国民が少なくないのではないのか。
 一時期は、町工場や駐車場の鉄骨の周囲に、火災の被害を少なくするために、石綿を吹きつけることが、建築基準法等で推奨されていた時期があった。その時の建物や施設を解体する時の、周囲に石綿が飛散しないための基準も作られたはずである。しかし、最近は、依然として守られているのだろうか。
 どうも、基準道理に解体が行われているのか疑問に感じてしまうのである。建物が解体されている現場のそばを通る時、いつも、警戒心が起こるのである。
posted by トッペイ at 02:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

桃太郎のお供がアンパンマン!日本の昔話の伝承の危機



 やっぱりかなという、幼稚園児と日本の昔話の理解を示す調査結果に関するニュースであった。おそらくは、若者たちも、昔話の内容を理解していない割合が少なくないのではなかろうか。
 一昔前だったら、幼年期に、絵本の題材として「桃太郎」「舌切雀」「浦島太郎」などといった日本の昔話が取り上げられていた。幼稚園や小学校の学芸会でも、こうした作品の劇が子ども達によって演じられるのも、珍しいことではなかった。
 危惧されるのは、子ども達が好きなアニメのキャラクターが、こうした話の内容に溶け込んで、おかしな話になることである。
 桃太郎のお供の家来が、アンパンマンだと答える子どもがいたのは、アンパンマンが身近なキャラクターであるのだからだろう。
 せめて、親が子ども達に読み聞かせる絵本の中に、日本の昔話も仲間に入れてほしいものである。

『調査結果によると、桃太郎が鬼退治のときに腰につけた物について、2年の調査では3歳児の76%、5、6歳児の91%が「きびだんご」と正解。しかし、20年後の今回はそれぞれ22%、51%と低下。誤答にはパン、ケーキ、シチューといった洋食も挙がった。

 桃太郎と一緒に鬼退治に行った「犬、猿、雉(きじ)」の理解は、20年間で3歳児は49%から22%、5、6歳児で89%から50%にそれぞれ下がった。おばあさんやキツツキなどのほか、アニメキャラクターの「アンパンマン」と“珍答”もあったという。

 「浦島太郎は誰の背中に乗って行ったか」については、3歳児で理解していたのは62%から30%へ低下。犬、猿、桃太郎などの誤答のほか、ここでもアンパンマンが登場した。』
posted by トッペイ at 00:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

さよならフロッピー、国内最大手ソニーが販売終了



 PCの進歩は著しい。初期のPCと比べたら、今のPCは想像もつかないくらいの機能の向上が見られる。
 データの記憶媒体も、今は、簡単に大量の情報をUSBに収めることができる。最初の頃は、カセットテープに記録していた頃もある。その後の、フロッピーの登場は、その当時は、驚くべき開発であった。
 今でも、コンピュータのパーツ売り場をのぞくと、フロッピーディスクいお目にかかることができるが、現実には過去のものとなってしまった。
 当然、フロッピーの需要も激減で、わが国で最大のシェアのソニーがついに生産を終了することになった。

『ソニーは23日、3.5インチフロッピーディスクの国内販売を来年3月末で終了することを明らかにした。USBメモリーなど大容量の記録媒体の普及で、需要が減ったため。ソニーは3.5インチ型を世界で初めて商品化した国内最大手。ほかのメーカーは大半がすでに販売を打ち切っている。

 フロッピーディスクは磁気ディスクの一種。8インチ型、5.25インチ型に続いて、3.5インチ型をソニーが1981年に発売した。最初は英文ワープロ用だったが、83年には日本でも発売。持ち運びの便利さが受け、一時期はパソコン、ワープロ用の代表的な記録媒体になった。

 ソニーはピークの2000年度に国内で4700万枚を出荷したが、09年度は800万枚程度に減少。それでも国内で7割のシェアを持つ。近年、大手では日立マクセルや三菱化学などが次々販売を終了。残るイメーションも、販売終了の時期を検討中という。』
posted by トッペイ at 01:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

マーク・トウェインの未発表原稿、オークションに出品



 今年は、マーク・トウェインの没後100年の記念すべき年である。彼は、アメリカの良心であった。人種差別や、人権侵害に対する鋭い批判を当時の社会に向けて発信した。この記念すべき年に、そうした観点から、彼に著作を読みなおしてみるのは意味のあることだろう。
 アメリカに民主主義が自然に根付いた訳ではない。彼のような、リベラルな人々の運動を反映してのものである。単なるモノカキではない彼に生き方も、現代の日本を考える上で、参考になりそうだ。


『競売大手サザビーズ(Sotheby's)は21日、米国を代表する19世紀の作家で同日に没後100年を迎えたマーク・トウェイン(Mark Twain)の未発表原稿を公開し、6月17日にオークションに出品すると発表した。

 全65ページの未編集原稿は「A Family Sketch(家族の素描)」と題され、自叙伝的な要素を持つ。髄膜炎のため24歳で死去した愛娘スージーにささげる形で書き始められたもので、子どもの頃の回想や出会った人々、さまざまなテーマのエッセイがとりとめなく物語風に綴られ、サザビーズは、トウェインの「これまでで最も私的で内省的な自伝」と説明している。予想落札価格は12〜16万ドル(約1100〜1500万円)。

『トム・ソーヤーの冒険(Adventures of Tom Sawyer)』『ハックルベリー・フィンの冒険(Adventures of Huckleberry Finn)』で知られるマーク・トウェインは1835年生まれ。米国で最も愛される作家の1人で、73歳で亡くなった。』
posted by トッペイ at 11:36| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

二大政党制の揺らぎ、英国の場合



 わが国で、少なくない反対意見を抑えて成立した小選挙性は、先の総選挙で、ようやく政権交代と2大政党制の実現という事態を起こしたのだが、早くも、その矛盾点が露呈しだした。小政党の乱立状態である。今や、民主党に期待していた有権者の失望からの支持離れが始まっており、総選挙で否定された自民党政治に戻ることへの拒否感も強いようである。
 結局、2大政党だけの選択には、限界があることが露呈してしまったようだ。
 2大政党制の本家とも言うべきイギリスでも、2大政党制に対する有権者の意識が変わりつつあるようだ。大連立なる選択も起こりかねないのである。
 見直しの時期が来たのか、賞味期限が切れたのか?

『総選挙が来月6日に迫った英国で20日、民間調査機関などによる最新の政党支持率調査で、野党第2党の自由民主党が躍進し、ゴードン・ブラウン(Gordon Brown)首相率いる与党・労働党が3位に沈んだことが分かった。

 これまで中道左派の自由民主党は、保守党と労働党の二大政党の壁に阻まれ続けてきた。だが、前週放映されたテレビ党首討論で、自由民主党のニック・クレッグ(Nick Clegg)党首が視聴者から高い評価を得たことを機に、今回の調査で野党第1党・保守党に次ぐ第2位に躍り出た。

 英紙ガーディアン(Guardian)に掲載された民間調査機関ICMの調査結果は、1位が保守党で33%、2位自由民主党で30%、3位が労働党で28%となっている。1位の保守党が前回調査から4ポイント減らしているのに比べ、2位の自由民主党は10ポイントも増やした。労働党は、前回調査時から3ポイント減。

 また、大衆朝刊紙デーリー・エクスプレス(Daily Express)の世論調査でも、自由民主党は前週から12ポイントも伸ばした29%の支持を獲得して2位となった。32%で1位を維持した保守党だが、前週からは7ポイント減となった。労働党は26%で3位。前週からは5ポイント減らした。

 自由民主党の躍進は、これまでの調査で優勢が伝えられていた保守党に、揺さぶりをかけることとなりそうだ。』
posted by トッペイ at 02:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

移民反対ネオナチ集団、ロスでマイノリティ団体らと衝突



 ナチスが滅んでからも、その思想に毒された集団が未だ存在している。ネオナチと呼ばれる集団である。失業など、社会から疎外された若者の一部の心をつかんでいる。ヨーロッパの政治のシーンでも、外国人、移民の排除をうたって、一定の議会への進出が進んでいるのが気になる所である。単純なスローガンに表れている排外主義が、気を付けないと、また、あの悪夢へとつながりかねない。
 
 今回のニュースで驚かされたのは、アメリカにもネオナチが存在したということだ。南部の人種差別主義者とは違った存在なのだろう。

 やはり、その主張する所は、移民反対という単純化されたスローガン。ドイツなどでは、ネオナチの示威行動に対しては、良識的な市民が対抗して、その動きを阻止することが多い。
 アメリカでは、マイノリティグループが、ネオナチ集団に立ち向かった。ナチス政権下では、同性愛者も収容所に送られた。今回の行動も、そうした記憶が関係しているのであろう。

『米ロサンゼルス(Los Angeles)市役所前で17日、ネオナチを名乗る集団のメンバー100人が移民流入に反対するデモを行い、それに対抗するために集まった黒人やゲイコミュニティーのメンバーらと衝突した。

ヒスパニック系、アフリカ系、ゲイコミュニティーのメンバーら500人は、全身黒ずくめのNational Socialist Movementのメンバーと真っ向から対抗。「人種差別主義者は帰れ」「ナチスを止めろ」などの怒号が飛び交った。』
posted by トッペイ at 02:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

ひょうたん島はどこにある?



 童謡「ゆうやけこやけ」は、地元八王子が歌の生まれた土地だとされている。作詞した中村雨紅の生まれ育ったのが、今の八王子恩方地区で、山寺も存在する。地元の防災無線からは、夕方に、そのメロディーが流れてくる。しかし、この歌のモデルを名乗る町は他にもあり、最近は、お隣の町田市も名乗りを上げた。恩方地区は山に囲まれているので、歌のような夜空が見えないという推理小説並みの説を展開している。しかし、作者のイメージには、色々な場所のものが含まれて、独自の世界を作り出していると考えた方が良いのかもしれない。

 9日に亡くなられた井上ひさしさんと言えば、子どもの頃の毎日のようにテレビで見ていた「ひょっこりひょうたん島」が、そのテーマソングとオープニングのアニメと共に、思い浮かぶ。

 このひょうたん島のモデルもめぐっても、東京都八丈島、岩手県大槌町の蓬莱島、同県釜石市の三貴島と諸説がある。井上氏本人も、生前に確定的な事を発言しなかったことにもよる。

 形としては、蓬莱島がまさにひょうたん島に相応しい。地元では、今月の28、29日両日に「ひょうたん島まつり」が開催されるという。しかし、ひょうたん島も、様々の場所のイメージが一つになったものと考えて良いようだ。


『「日本再考 東北ルネッサンスへの序章」(赤坂憲雄編、2003年)という対談集で、井上さんは東京・小岩のアパート時代の話をしている。「朝日新聞に『青鉛筆』という欄があって、その欄に八丈島の漁師たちが沖で漁をしているときに、目の前を島が動いていくのを見た。島が動くはずがない、たぶん集団でヒステリーにかかったんじゃないか、という笑い話みたいなのが載っていた」

 04年4月号の朝日新聞社の月刊誌「論座」では、テーマソングを作曲した宇野誠一郎さん、博士役の声優中山千夏さんとの対談で、「八丈島の漁民が……」と語り、「僕はそれが『ひょうたん島』の『正史』だと思っているのですが」と続けた。

 「日本再考」には脚注があり、「ひょうたん島」の説明として「岩手県大槌町の大槌湾に浮かぶ『蓬莱島』がモデルとされる」とある。対談の中で井上さんが実際に「蓬莱島」に言及したことから、同島だけが特記されたという。事実、大小二つの高まりから成り、小さい方に灯台がある蓬莱島の姿は、ひょうたん島にそっくりだ。

 ただ、八丈島と蓬莱島だけがモデルかというと、それほど簡単ではない。

 大槌町の06年度町勢要覧は、書名は記さないものの03年の対談集で「『蓬莱島がモデルとされる』との記述があります」と誇らしげに述べながらも、「『モデルと信じてもらっている限り、どの場所もモデルです』と話しています」と、井上さんの懐の深さも紹介している。』(朝日新聞)
posted by トッペイ at 00:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

猛毒「リシン」から生物を守る化合物発見、仏研究



 このニュースの見出しを見た時は、戦争に深く関係する「毒」に関するものだとは思いませんでした。医学上の発見かと思っていた訳です。

 「リシン」というのは、トウゴマという植物から作られる自然毒だそうです。恐ろしいのは、解毒剤が存在しないということです。

 今回、フランスで開発されたのは、事前に与える化合物で、事後には効果がないということです。同時に、腸管出血性大腸菌の産出去るベロ毒素に対する事前投与の化合物も発見されています。

 生物兵器として使われる世の中になることが、ベストの対策なのですが、人間は、何故戦争を続けるのでしょうか。歴史を見ても、戦争の記録が多いです。

『生物兵器への応用が危惧(きぐ)される自然毒「リシン」から人体を守ってくれる可能性のある化合物を2つ発見したとする論文が、16日の米科学誌「セル(Cell)」に掲載された。

 フランス原子力庁(Atomic Energy Commission、CEA)の研究チームは、実験室で1万6500種の化学物質を調べ、リシンおよび腸管出血性大腸菌の産出するベロ毒素(志賀様毒素)から細胞を保護する2つの化合物を発見。「Retro-1」「Retro-2」と名づけた。

  これらは、毒そのものに作用するのではなく、毒の細胞への侵入経路に作用していた。これらの化合物をマウスに与えたあとでリシンを投与するとマウスは死ななかったが、リシンの投与後に化合物を与える順序だと効果が無かった。

 リシンは、ブレーキ液、石けん、ニス、インクなどの製造に使用されるトウゴマの種子から抽出される。世界で最も危険な毒素の1つで、わずか 1ミリグラムでも体内に入ると、成人でも3〜5日で死亡することがある。旧ソ連の国家保安委員会(KGB)が暗殺に使用したこともある。今のところ、解毒剤は開発されていない。』
posted by トッペイ at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発電する歩道、フランスの都市が試験導入



 化石燃料は、有限だし、元々地球を構成するものとして存在していたものを、人間が使い尽くしてしまうこと自体、自然に対して問題のある行動である。人間の文明の進歩に貢献してきた一方、公害や、最近の地球温暖化という負の働きもしている。

 原子力発電も、長い間でみれば、リスクの伴うものである。風力、潮力、地熱など自然に満ち溢れるエネルギーを取り入れる試みが今後は必要となる。

 また、人の運動を利用する方法も模索されている。足で踏むことにより発電する仕組みは、日本でも、駅の改札付近で試されたことがある。

『発電する歩道が、フランス南西部トゥールーズ(Toulouse)で試験導入されている。試験導入に踏み切った都市は、トゥールーズが初めて。オランダ企業「サステーナブル・ダンスクラブ(Sustainable Dance Club)」が開発したもので、都市の新たな発電方法になる可能性がある。

 歩行者が歩道の上を通ると、1人あたり最大50ワットの電力を発電できるという。環境に優しいLED(発光ダイオード)ランプを点灯するには、十分な発電量だ。』
posted by トッペイ at 02:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。