リンク集

2010年05月22日

関東から四国、大地震リスク上昇、地震動予測地図更新



 天気予報と比べて、地震予知が困難なのは、データ不足のせいらしい。何十年に一回という記録を集めても、なかなか有効な情報を得ることはできないということか。

 しかし、確率論的に地震の発生リスクの数値を政府は発表している。
今回、20日に、地震調査研究推進本部は『全国地震動予測地図を更新、各地が今後30年以内で震度6弱の強い揺れに見舞われる確率などを公表した。関東から四国にかけての太平洋側で確率が最大2ポイント程度高くなった。予測地図は2005年の公表以来、毎年更新している。

 都道府県庁所在地別では、それぞれ市役所のある場所で、30年以内で震度6弱の揺れに見舞われる確率が最も高いのは、静岡市の89.8%(前年比0.3ポイント増)で、津市の85.9%(0.7ポイント増)、奈良市の67.7%(0.5ポイント増)が続いた。

 このほか、東京(都庁付近)は19.6%(0.1ポイント増)、横浜市は66.9%(0.2ポイント増)、名古屋市は45.3%(0.6ポイント増)、岐阜市は17.2%(0.2ポイント増)、和歌山市は48.2%(0.9ポイント増)、大阪市は60.3%(0.6ポイント増)、徳島市は61.2%(1.5ポイント増)、高知市は63.9%(1.6ポイント増)だった。

 関東から四国地方にかけて確率が上昇したのは、百数十年周期で起こる東南海、南海地震が起きる確率が時間の経過により、それぞれ約2ポイント高まったことなどによる。

 詳細は「地震ハザードステーション J―SHIS」のホームページ(http://www.j-shis.bosai.go.jp)で閲覧できる。 』(朝日新聞)

 意外と都庁周辺の東京の確率が19.6%と、横浜などの年と比べて低いのが注目された。しかし、確率というのは、現実に起これば、必ず100%に変じるものなのだ。
posted by トッペイ at 19:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

臓器移植のための渡航「自粛」を、WHOで決議採択



 わが国で、昨年、臓器移植法が改正された。国民性からか、一向に伸びない献体からの臓器移植の推進を狙っての改正であった。脳死を死と認めることや、子どもからの臓器移植を認める内容であり、家族に優先的に提供されるという項目も加えられた。
 実際に、移植の必要性が社会に受け入れられるまでには、かなりの時間がかかりそうだ。子どもの教育の場での啓発が必要である。

 移植の数が伸びないことで、海外で、臓器移植をせざるとえない状況に置かれている患者も少なくない。その一方で、海外での腎臓移植に関するダークな一面という問題も生じている。臓器売買はもってのほかだし、死刑囚からの臓器提供も、法律違反である。

 こうした傾向に対して、心配なのは、日本人が海外での臓器移植の機会が閉ざされる方向にあることである。原則、自国民の臓器移植は自国でということである。かつて、日本人の心臓移植を受け入れていたヨーロッパの国の中でも、現実には、日本人を排除するルールを作っている。

 今回のニュースは、こうした動きがWHOで採択されたことである。

『臓器の売買を禁止し、移植を受けるための渡航を自粛するよう促す決議案が21日、ジュネーブで開かれている世界保健機関(WHO)の総会で採択された。法的拘束力はないが、昨年7月に改正臓器移植法が成立した日本を含め加盟国の医療政策に影響を与えそうだ。

 加盟国に対し、臓器などの売買や渡航移植によって経済的利益を得ることに反対するよう要請している。移植される臓器などに、世界共通の通し番号をつけることで不適切な移植に歯止めをかける仕組みづくりも求めた。

 また、同時に総会で承認されたWHOの「人の細胞、組織、臓器の移植に関する指針」は11項目。生きている人から臓器を摘出する生体移植について規制を求めるとともに、未成年は原則として臓器摘出の対象から除外すると定めた。臓器売買の禁止を明記し、売買を促すような広告も禁じるべきだとしている。 』

 結局は、日本も自国で臓器移植を推進するほかなくなるような選択を迫られることになる。行政側は、法律の改正のように推進はしているのだが、課題は、国民の意識の変化なのだろう。

 なお、いつか分からないが、再生医療が進歩して移植の必要がなくなるのが、今のところ一番良い選択肢なのだろう。
posted by トッペイ at 18:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

10代の若者が危険に走るのはドーパミンのせい、米研究



 最近流行りの脳科学に関連したニュースである。脳の中を、切ることなく観察できるMRIなどの技術の進歩で、脳の機能の解明が進んでいる。その一方で、脳トレのような根拠のない疑似科学が蔓延している。
 原因の一つとしては、脳画像の解析における研究者の主観の介入が考えられる。血流量の増加を示す画像が、即、脳の活性化を意味するものでなない。
 今回のニュースの研究結果でも、直接にドーパミンの量を測定したものではなく、血流量の増加をどう解釈するかが、問題を解くカギとなっている。
posted by トッペイ at 02:18| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

農薬を多く摂取した子どものADHD発症率は2倍、米・カナダ研究



 発達障害は、脳の機能障害が原因とされるので、その障害に対する本人の責任はないと理解する必要がある。なるべく、早期発見して早期療育や早期教育が求められる。乳幼児検診時などを利用して発見できる耐性が整えられれば良いのであるが。
 注意欠陥・多動性障害(ADHD)も、発達障害の一つで、学習障害ろしても理解されている。主な症状は、不注意、多動性、衝動性である。勉強や与えられた課題に集中することができず、ものをなくしてしまったり、周囲の話を聴かないなど、学校等での問題行動が見られる。手足をはじめ体を始終動かしていたり、授業中に教室の中を歩きまわったり、走り回ったりする、順番が待てない等の社会性の欠如が目立ってしまう。本人に対するしつけの問題でもないし、本人の努力の問題でもないのであるが、周囲は、そのことになかなか理解できず、社会不適応な問題児と受け止める傾向がある。
 はっきりした原因は、未だに分かっていないが、今回のニュースによれば、作物栽培に使用されるある種の農薬との因果関係の存在が示唆される研究が発表された。わが国でも、使用されることのある農薬のようなので、予防の意味で注意を払う必要だありそうだ。

『栽培過程で農薬を使用した野菜や果物を多く摂取した子どもは、ADHD(attention deficit hyper-activity disorder、注意欠陥多動障害)を発症する確率が高いとする論文が17日、小児科学誌「ピディアトリクス(Pediatrics)」に発表された。

 米国とカナダの研究チームは、米国の8歳から15歳までの子ども1139人を対象に調査を行った。その結果、農薬に用いられる有機リン酸エステルの残留レベルが高い子どものADHD発症率は、通常の2倍であることを発見した。

 米環境保護局(US Environmental Protection Agency、EPA)は現在、約40種の有機リン農薬の使用を許可している。

 米国の家庭では、ごく普通に殺虫剤が使用されるが、ADHD発症と関連する農薬は主に食物摂取によるものだと、米科学アカデミー(National Academy of Sciences)は指摘する。

 論文が引用した2008年のある調査報告によると、多くの野菜や果物で残留農薬が検出されている。特に、冷凍ブルーベリーでは28%、イチゴでは25%、セロリでは20%で、残留農薬が検出されたという。

 今回の研究結果について、論文は、農薬と発達障害の関係を示すこれまでの研究結果に、新たな根拠を加えるものと結論付けている。
栽培過程で農薬を使用した野菜や果物を多く摂取した子どもは、ADHD(attention deficit hyper-activity disorder、注意欠陥多動障害)を発症する確率が高いとする論文が17日、小児科学誌「ピディアトリクス(Pediatrics)」に発表された。』
posted by トッペイ at 00:29| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

タブレットPCや電子書籍端末、価格が下がれば爆発的普及も 米調査



 これからの読書は、キンドルのような端末にダウンロードした文章を読むことになるのであろうか。また、音楽なども、ダウンロードしたタブレットPCを持ち歩く時代が来るのであろうか。
 本に関しては、個人的には、まだ、紙の本を読みたいというアナログ指向が強いのであるが。ただし、タブレットPCは、魅力的な存在に移る。持ち運びができることが何と言っても便利である。透析患者などは、災害時に、透析環境の情報が不可欠であるが、タブレットPCを普段から持ち歩くことができたらいいなと思う。
 さて、こうした製品も、価格がネックになっているようだ。今回、米国の調査機関が、世界各国で行った調査では、価格が下がって購入しやすくなれば、利用したいと思っている人が多いことが分かった。
 情報は、持ち歩くものという新たな概念が普及しそうな話であった。ただし、低価格化というハードルをクリアしての話であるが。

『アップル(Apple)のタブレットPC「iPad(アイパッド)」やアマゾン・ドットコム(Amazon.com)の電子書籍リーダー「キンドル(Kindle)」などに対する世界の消費者の関心は高く、価格が下がれば爆発的に売れるだろう――。米コンサルティング大手ボストンコンサルティンググループ(Boston Consulting Group、BCG)が行った調査でこのような結果が明らかになった。

 今回の調査は、オーストラリア、オーストリア、英国、中国、フィンランド、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、ノルウェー、韓国、スペイン、米国の14か国、1万2717人の消費者を対象に行われた。

 タブレットPCや電子書籍リーダーについて知っている調査対象者のうち、51%が1年以内に購入予定があると回答し、3年以内に購入予定があるとした人は73%に上った。』
posted by トッペイ at 02:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

幸せの青いコウノトリ、小さな村にやってきた  ドイツ


 青い鳥といえば、チルチルミチルの出てくるメーテルリンクの「青い鳥」が有名である。幸せをもたらす鳥が、実は自分たちのすぐそばにいるというすぐれた寓話であった。なお、今でこそ、日本では、人形劇や演劇で上演されることが少なくないが、ある期間は、作者の意向でわが国での上演が許されていなかった。わが国が行った愚かな戦争が原因であった。

 さて、ドイツの小さな村に、青いコウノトリが飛来して話題になっているようだ。しかし、自然界に青いコウノトリが存在することはあり得ず、人為的な力が働いているのかもしれない。しかし、人間がこの鳥に幸せを運ぶ鳥の姿を求めたとしても、それは、ごく自然な感情なのかもしれない。

『ドイツ東部の小さな村ビーゲンに、全身が青い毛で覆われた雄のコウノトリがすみ着き、話題となっている。

 30年ほど前からある巣に3月末に飛来した。4月中旬にはつがいとなる雌を見つけ、「ブラウアー・ビーゲナー(青いビーゲン人)」という名前までちょうだいした。「芸術家のイタズラ」「アフリカからの道中に何らかの原因で色が付いた」など憶測を呼ぶが、いまだになぞだ。

 欧州では、コウノトリは幸せを運んでくるとされている。この珍しい鳥を一目見ようと、小さな村には大勢の見物客が押し寄せている。閉店していたレストランが再開し、記念はがきが1千枚も売れた。ビルケ村長は「幸せが本物かどうかはしばらく様子見だ」。』(朝日新聞)
posted by トッペイ at 00:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

生のナメクジを食べないで、オーストラリアの保健局が警告



 エスカルゴは、フランスの高級料理であるが、我々のごく身近にいるカタツムリを食べることは、リスクのある行為らしい。そんな内容のニュースであった。ニュースでは、カタツムリではなく、持って気持ちの悪い生のナメクジを食べたオーストラリアの男性が、寄生虫に感染して、重症化したというものであった。普通は、ナメクジなどを食することは、考えられない行為であるが、この男性は、度胸試しか、冗談半分が動機となったようだ。同国の保健当局が、ナメクジを食さないように、それも生食の禁止を呼び掛けたそうだが、まあ、通常では、そのような行為に及ぶ人間は、ほとんど存在しないだろう。生のナメクジを食するとどうなるかの、参考にはなりそうなニュースであった。

『「生のナメクジを食べないで」――オーストラリア・ニューサウスウェールズ(New South Wales)州の保健当局は13日、21歳の男性が髄膜炎にかかったことを受け、住民にナメクジを食べないよう警告した。

 報道によると、この男性は悪ふざけでナメクジを食べた後、広東住血線虫という寄生虫による髄膜炎を発症して入院した。広東住血線虫はアジアや太平洋諸島のネズミなどに寄生し、卵がネズミのふんを介してカタツムリやナメクジの体内に入る。オーストラリアでの感染例は珍しいという。

 伝染性疾患を担当するJeremy McAnulty氏は声明で、「以前にも、度胸試しでナメクジやカタツムリを食べて病気になったケースがあった。生のナメクジやカタツムリなどは食べるべきではない。それから、触った後は必ず手を洗ってほしい」と警告している。

 たいていの場合、症状は軽いが、今回のように重症化するおそれもあるという。

 McAnulty氏によると、本来この寄生虫は人間には寄生しないため、治療しなくても寄生虫が死ぬ可能性が高い。人から人に感染することはないという。』
posted by トッペイ at 01:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

PTA,あなたの町ではピーテーエー?ピーティーエー?



 カタカナ言葉が今や、世の中に氾濫して、学者の中には、いずれ、日本から漢字が姿を消すという学説を立てている人もいるそうだ。

 そんな外来語にあふれた社会でも、発音に関して、地域差があるという指摘のニュースが気になった。

 『北海道はPTAをピーテーエーと発音する人が多いのに、西日本ではピーティーエーが圧倒的――。外来語の発音にもこうした「方言」と呼べる地域差があることが、尾崎喜光・ノートルダム清心女子大教授(社会言語学)の調査でわかった。』

 『PTAの発音は、全体ではピーティーエー(78.8%)がピーテーエー(18.8%)を上回る。70代以上はピーテーエーが46.4%を占めるが、50代は18.3%に減り、20代は5.6%しかいない。

 興味深いのは地域差があることだ。ピーテーエー派は北海道で66.7%、東北で44.3%と多いのに、首都圏では23.8%に減り、さらに西日本では近畿3.9%、中国4.8%、四国4.2%、九州2.5%と少数派になる。』

 同様の傾向が、他の言葉の例でも紹介されている。
 
『CDのDの発音も、デー派が北海道で21.7%、東北で13.4%なのに対し、首都圏では7.4%に減り、近畿や中国、四国ではデーと発音する人がいなかった。』
 
 ということで、かのディズニーランドも、北海道や東北では、デズニーランドということになる。

 時たま、テレビなどを見ていると、出演者の中に、デズニーと発音する人がいることに気がつくことがあったっけ。
posted by トッペイ at 03:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

トカゲの5分の1が2080年までに絶滅の恐れ



 今年は、世界生物多様性年の年で、改めて、生物の多様性について、人間の生存という観点からも考えてみる必要のある年である。国立科学博物館でも、多様性年に相応しい催しが計画されており、現在開催中の哺乳類の剝製の展示のうち、「陸のなかまたち」は、多くの入場者が訪れている。我々人間も、生物の多様性の中で生きることができるのであるが、文明の発展に伴って、生物の多様性を脅かしている。

 地球温暖化も、人間の所為による部分が多いものと思われる。一部の学者には、自然現象と捉える見方もあるのであるが。

 さて、この温暖化により、爬虫類のトカゲが生存の危機におかれているとの研究が発表された。

『地球温暖化のため、2080年までに世界に生息するトカゲの5分の1が絶滅する恐れがあるという研究結果が14日、米科学誌サイエンス(Science)に発表された。

 一般的にトカゲは日光を好むと考えられているが、トカゲの種の多くは高温は苦手で、餌探しなどの活動が鈍ってしまう。

 トカゲの分布に関する世界規模の研究を行った生物学者のチームは、気候変動がもたらす変化にトカゲは特に弱く、驚異的な割合で激減していると警告した。

 トカゲは鳥やヘビの餌となる一方で、昆虫を旺盛に捕食するという食物連鎖における重要な役割の担い手であるため、トカゲの生息数の減少は生態系全体を壊滅させる惨事となりかねない。』

 我々人類は、この奇跡の星とも言える地球上で、孤立しては生きられないことを深く胸に刻み込む必要がある。そして、次には、適切なアクションが求められている。
posted by トッペイ at 02:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

マウスの表情から痛みを判断、「マウス・グリマス・スケール」



 我々人間のために、実験用の動物が犠牲をなっている。命と引き換えに、多くの実験結果の情報を送ってくれる。
 一部の理不尽な動物愛護団体のメンバーは、動物実験自体を否定しているが、もしそうした主張を貫くのなら、動物実験の結果による医学等の成果を一切受けることも拒否すべきであろう。
 
 しかし、実験動物の代表であるマウスの、痛みをその表情から判断することは、人間とは違い難しいこととされてきた。もし、いくらかでもその痛みが読みとれるなら、少しは、実験の時の無駄な痛みをとることができるかもしれない。

 今回の研究結果は、マウスの表情から痛みを読み取る「マウス・グリマス・スケール」という方法が開発されたというものである。

 動物の痛みを判断することは、動物実験での人の心の痛みを少しは減らす効果があるのかもしれない。

『開発された尺度は、目の細め方、鼻のふくらみ、ほおのふくらみ、耳の動き、ひげの動きの5つの要素に着目している。この尺度を使ってマウスの表情から苦痛を読み取る訓練を受けた人は、写真の場合で80%、高画質動画の場合は97%の精度で苦痛の程度を正確に判断できたという。

 進化論で知られる英国の生物学者チャールズ・ダーウィン(Charles Darwin)は、人間以外の動物も顔の表情で痛みや感情を表現し、このことは自然淘汰によって発生したと考えていた。また、マウス・グリマス・スケールの5つの要素のうち、目の細め方と鼻とほおのふくらみの3つは人間にも共通していることは、動物の表情は深い部分で進化の過程に根ざしているというダーウィンの予想を支持するものとなった。』
posted by トッペイ at 12:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。