リンク集

2010年06月12日

クリックして個人献金、ヤフーがサービス本格化



 ネットと選挙の関係が、最近、クローズアップされています。本来は、選挙運動は、戸別訪問も原則自由なはずですが、日本は何故か禁止されています。外国と比べても、おかしな制度であります。その文脈で、ネットでの選挙活動ということも考えればいい訳です。
 政治献金も、民主党の北海道の教職員組合の選挙活動をはじめ、相次いで行われる政治家の政治資金パーティーなど、問題が多すぎます。事業仕分けも、政党助成金に対して向けられる必要がありますね。自分たちの勝手な部分には、理不尽にも手が入らないんですよね。
 献金も、企業団体献金は全面禁止で、個人献金中心にすればいいんですが、やはり、おいしいものが捨てがたいようです。
 個人献金の場合、今回のニュースで紹介されたように、ネット上でクリックすることで、簡単にできるようにすることは、小口に献金を多く集めるのには、相応しい方法のようです。

『ポータル(玄関)サイト大手のヤフーは11日、政治情報サイト「みんなの政治」で、会員がクレジットカードなどで国会議員に政治献金できるサービスを本格的に始めた。ネットをよく利用する有権者の政治参加を促すねらいだという。

 国会議員の紹介ページから、クリックなどの操作で献金する仕組み。献金先として登録している議員は現時点で4人にとどまるが、今後増える見通し。献金額は1回につき500〜5万円の範囲で、ビザ、マスターなどのカードに対応。JCBカードも近く使えるようにする予定だ。

 ヤフーは4月から自社カードで献金サービスを試験的に始め、今回、使えるカードを増やした。 』(朝日新聞)
posted by トッペイ at 01:49| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

タブレットPCや電子書籍端末、価格が下がれば爆発的普及も 米調査



 これからの読書は、キンドルのような端末にダウンロードした文章を読むことになるのであろうか。また、音楽なども、ダウンロードしたタブレットPCを持ち歩く時代が来るのであろうか。
 本に関しては、個人的には、まだ、紙の本を読みたいというアナログ指向が強いのであるが。ただし、タブレットPCは、魅力的な存在に移る。持ち運びができることが何と言っても便利である。透析患者などは、災害時に、透析環境の情報が不可欠であるが、タブレットPCを普段から持ち歩くことができたらいいなと思う。
 さて、こうした製品も、価格がネックになっているようだ。今回、米国の調査機関が、世界各国で行った調査では、価格が下がって購入しやすくなれば、利用したいと思っている人が多いことが分かった。
 情報は、持ち歩くものという新たな概念が普及しそうな話であった。ただし、低価格化というハードルをクリアしての話であるが。

『アップル(Apple)のタブレットPC「iPad(アイパッド)」やアマゾン・ドットコム(Amazon.com)の電子書籍リーダー「キンドル(Kindle)」などに対する世界の消費者の関心は高く、価格が下がれば爆発的に売れるだろう――。米コンサルティング大手ボストンコンサルティンググループ(Boston Consulting Group、BCG)が行った調査でこのような結果が明らかになった。

 今回の調査は、オーストラリア、オーストリア、英国、中国、フィンランド、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、ノルウェー、韓国、スペイン、米国の14か国、1万2717人の消費者を対象に行われた。

 タブレットPCや電子書籍リーダーについて知っている調査対象者のうち、51%が1年以内に購入予定があると回答し、3年以内に購入予定があるとした人は73%に上った。』
posted by トッペイ at 02:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

増加するコンピューターストレス症候群の発症原因


 最初にPCに触れた頃は、連日緊張の連続であった。操作に関する不安で、なかなか落ち着いてPCに触れなかった。簡単な操作も、マニュアルだけでは分からなく、初歩的な無理解からしばらくの間、キーボードからのローマ字入力が不可能であった。カスタマーセンターに連絡しても、全くつながらなかった。
 画面がフリーズをする度に、こちらの精神もフリーズしたようだ。

 今でも、トラブルにぶち当たると、少々パニック気味となる。

 操作ミスで、データ消失を起こした日には、脱力状態。

 身近になったPCの存在であるが、手ごわい相手であることは、相変わらずである。

 「コンピューターストレス症候群」が増加しているというニュースにも、容易にうなずける事だと思ってしまう。

『パソコンのクラッシュ、長いブート時間、テクニカルサポートとの面倒くさいやりとり・・・こうした事柄がデジタル世代を「コンピューターストレス症候群」(CSS)に陥れているとする調査結果が27日、公表された。

 グローバル企業のCMO(最高マーケティング責任者)らが加盟するNPO、米CMOカウンシル(Chief Marketing Officer Council)が創設したカスタマー・エクスペリエンス委員会が、北米の1000人以上を対象に行ったアンケート結果を分析したもので、デジタル世代の苦痛の源として「いらだたしいほど複雑なコンピューターやデバイス、技術上の不具合、ウイルス感染、サポートを要する問題が解決されるまでの長い待ち時間」などを挙げている。

 日常生活でコンピューターに依存していると答えた人は全体の94%。コンピューターユーザーのうち、「過去1年間にテクニカルサポートと連絡をとった」または「コンピューターストレス症候群を経験した」という回答は3分の2近くに上った。

 また報告が引用している米非営利調査機関ピュー・リサーチ・センター(Pew Research Center)の調査によると、コンピューターユーザーのうち、過去1年間にシステムの不具合を経験したのは40%で、うち半数以上は問題の解決にテクニカルサポートの助けを借りなければならなかったと答えた。

 こうした結果について報告書は「ユーザーは常に、新製品の設定やソフトウエアの更新、新しいアプリケーションやオペレーティングシステム(OS)への移行といった技術的な問題への不安のほか、悪意のあるソフトウエアの感染、個人情報の流出といった脅威への不安を抱えている」と指摘している。
 
 報告を監修した心理学者のムレイ・ファインゴールド(Murray Feingold)氏は、コンピューターストレス症候群について、「コンピューターの何かが正常に機能しなくなった途端にパニックに陥る」といった状態だと定義している。

 カスタマー・エクスペリエンス委員会の広報担当者は「テクノロジー企業が、ストレスや苦痛の原因に着目して、そこからより良い経験を生み出せるように工夫を凝らすべきときがきている」と述べている。』
パソコンのクラッシュ、長いブート時間、テクニカルサポートとの面倒くさいやりとり・・・こうした事柄がデジタル世代を「コンピューターストレス症候群」(CSS)に陥れているとする調査結果が27日、公表された。

 グローバル企業のCMO(最高マーケティング責任者)らが加盟するNPO、米CMOカウンシル(Chief Marketing Officer Council)が創設したカスタマー・エクスペリエンス委員会が、北米の1000人以上を対象に行ったアンケート結果を分析したもので、デジタル世代の苦痛の源として「いらだたしいほど複雑なコンピューターやデバイス、技術上の不具合、ウイルス感染、サポートを要する問題が解決されるまでの長い待ち時間」などを挙げている。

 日常生活でコンピューターに依存していると答えた人は全体の94%。コンピューターユーザーのうち、「過去1年間にテクニカルサポートと連絡をとった」または「コンピューターストレス症候群を経験した」という回答は3分の2近くに上った。

 また報告が引用している米非営利調査機関ピュー・リサーチ・センター(Pew Research Center)の調査によると、コンピューターユーザーのうち、過去1年間にシステムの不具合を経験したのは40%で、うち半数以上は問題の解決にテクニカルサポートの助けを借りなければならなかったと答えた。

 こうした結果について報告書は「ユーザーは常に、新製品の設定やソフトウエアの更新、新しいアプリケーションやオペレーティングシステム(OS)への移行といった技術的な問題への不安のほか、悪意のあるソフトウエアの感染、個人情報の流出といった脅威への不安を抱えている」と指摘している。
 
 報告を監修した心理学者のムレイ・ファインゴールド(Murray Feingold)氏は、コンピューターストレス症候群について、「コンピューターの何かが正常に機能しなくなった途端にパニックに陥る」といった状態だと定義している。

 カスタマー・エクスペリエンス委員会の広報担当者は「テクノロジー企業が、ストレスや苦痛の原因に着目して、そこからより良い経験を生み出せるように工夫を凝らすべきときがきている」と述べている。
posted by トッペイ at 00:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

さよならフロッピー、国内最大手ソニーが販売終了



 PCの進歩は著しい。初期のPCと比べたら、今のPCは想像もつかないくらいの機能の向上が見られる。
 データの記憶媒体も、今は、簡単に大量の情報をUSBに収めることができる。最初の頃は、カセットテープに記録していた頃もある。その後の、フロッピーの登場は、その当時は、驚くべき開発であった。
 今でも、コンピュータのパーツ売り場をのぞくと、フロッピーディスクいお目にかかることができるが、現実には過去のものとなってしまった。
 当然、フロッピーの需要も激減で、わが国で最大のシェアのソニーがついに生産を終了することになった。

『ソニーは23日、3.5インチフロッピーディスクの国内販売を来年3月末で終了することを明らかにした。USBメモリーなど大容量の記録媒体の普及で、需要が減ったため。ソニーは3.5インチ型を世界で初めて商品化した国内最大手。ほかのメーカーは大半がすでに販売を打ち切っている。

 フロッピーディスクは磁気ディスクの一種。8インチ型、5.25インチ型に続いて、3.5インチ型をソニーが1981年に発売した。最初は英文ワープロ用だったが、83年には日本でも発売。持ち運びの便利さが受け、一時期はパソコン、ワープロ用の代表的な記録媒体になった。

 ソニーはピークの2000年度に国内で4700万枚を出荷したが、09年度は800万枚程度に減少。それでも国内で7割のシェアを持つ。近年、大手では日立マクセルや三菱化学などが次々販売を終了。残るイメーションも、販売終了の時期を検討中という。』
posted by トッペイ at 01:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

「いまどうしている?」ツイッターが問いかけを変更



 一応、時々は、ツイッターを使っているが、今一つ使い方が良く分からない。
 他の人のつぶやきを見ても、アピールや宣伝と思われるものも少なくない。他人と共有したいものは、なんでもありの状態だ。

 そんな訳で、マイクロブログサービス「ツイッター(Twitter)」は、140字内のつぶやきを問いかける文言を「What are you doing?(いまなにしてる?)」から「What's happening?(いまどうしてる?)」へ変えたそうだ。19日にユーザーに告知した。

 さて、文言が変わっても、どう、使ったらよいものやら。
posted by トッペイ at 01:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

現金16億円持ち逃げ運転手、ネット上で英雄扱い フランス



 この手のネット上の書き込みは、冗談で済ますことが出来ればいいんですが、やはり、「病んでいる」状態を示す兆候の一つなんでしょう。
 匿名性や、投稿の安易性を背景にした、無責任な、事件を面白がる風潮なんでしょうね。
posted by トッペイ at 23:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

アマゾン・ドットコムが約100か国で電子書籍端末「キンドル(Kindle)」を発売



 紙に印刷した書物が、将来消えるかもしれない。電子書籍端末にダウンロードして読めば良いのであるから。

 とりあえずは、著作権の問題も出てくるだろう。

 わが国でも、ソニーなどが開発している。

 なお、キンドルは、英語版のみの対応である。将来は、多言語対応するかもしれない。
posted by トッペイ at 23:57| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。