リンク集

2008年12月30日

教育テレビの省エネ実験

 年末から新年にかけてのテレビ番組は内容がひどすぎる。面白くないバラエティが続く。おかしくもないお笑い番組、人が食べているのを見るグルメ番組、安易な旅行番組等々。今日も、プロだか素人だか境界がはっきりしないような「タレント」の物まね大会、ラーメン特集、不合理な怪奇現象特集などなど。これに、スピリチュアリズムの番組が加わったら最悪。去年は、占い師のS女史が出まくっていた。最近、姿を見せなくなったのは、いい傾向である。第一、放送法には迷信に類するような番組は自粛するように書いてあるはずである。今年は、ノーベル賞の日本人受賞で世間が沸いたが、今後資源のない日本が技術立国として生きていくためには、科学教育が必要である。なのに、テレビ番組の流す害悪は、子供たちから合理的思考を奪い去っている。大学生すら、霊魂の実在を信じている者が多いらしい。政治番組にしろバラエティ化して、真面目に考えたり、討論することが疎んじられるようになっている。

 派遣切りなどで、この冬空に住処も食べ物にも不自由している若者が多いのに、テレビでは空しい番組が続いている。

 昨日、教育テレビでは放送時間を短縮した。後0:30〰9:30までの放送であった。省エネに寄与して、地球温暖化に少しでも貢献しようとする試みだった。民法テレビでは、CMでも地球温暖化防止を呼び掛けているが、その放送にも実際には多くのエネルギーを要しているのだ。何たる自己矛盾。深夜放送をはじめとして、くだらない番組を止めるほうが、よっぽど世の為になるのに。通販番組などは、ずっとコマーシャルではないか。

 年末から本でも読みましょう。
posted by トッペイ at 20:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

灯油を売りに来ない

 今日は、朝から雨です。もう、来週はクリスマス。お正月だってあとわずかですね。アメリカにいるいとこに、クリスマスのプレゼントをもうすぐ送らなければなりません。昨日は、クリスマスカードを買いました。また、辞書を見ながら簡単な英語であいさつを書かなくては。プレゼントは、箱詰めを終わったので後は郵便局へ持っていきます。昔は、船便しかなかったのですが、最近は早めの届くようになりました。でも、送料が馬鹿に出来ません。気を付けないと、贈り物の値段と比べて割高になってしまいます。

 寒い日が続いています。ガソリン価格もだいぶ下がったので、ストーブ用の灯油の値段もまあまあの所で落ち着いています。でも、例年、車で灯油を売りに来る業者が、今年は全く姿を見せません。去年は、3つの業者が移動販売していたのですが。その内、一軒はスタンドが閉店したそうですが、残りの業者はやって来ません。原油価格の下落が原因なのかもしれません。人件費やガソリン代などを考慮して販売を中止しているのかなと思ってしまいます。仕方なく、ガソリンスタンドまで行って、近所の家も含めて買わざるを得なくなっています。高齢者世帯などは、とても不便になったことでしょう。昔は、燃料屋というお店が戸別に配達をしていました。今は、そうした店も姿を消しているようです。さて、この冬は灯油の移動販売は一切ないのでしょうか。再開してくれることを祈っています。
posted by トッペイ at 10:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

観葉植物の買い時

 時々花屋によって見るのは、楽しいことです。季節感を味わえますね。でも、最近は、温室栽培で(あるいは逆に寒冷地栽培で)年間を通して色々な植物に出会えるようになりました。促成栽培も進歩しています。珍しい植物にあった時はうれしいですね。時々、変わったものが入荷しています。

 夏に活発に成長していた観葉植物は、涼しくなるにつれて、安く売られる時期になったようです。先日も、多肉植物のサンゴ油桐の鉢植えが、百円で売られていました。買おうと思ったのですが、寒さに弱い植物で、今までにも2回枯らせているので、購入は断念しました。冬の間は、水やりを止めて、乾燥状態で保温に努めれば良いと思われるのですが、極端に寒さに弱いので自信が無かったのです。以前は、ミニ温室を室内に設けていましたが、電気代もかかるので止めました。やはり、園芸は無理のない栽培がベストだと思っています。都心の、新築の保温性の高い住宅でしたら、熱帯植物の冬越しも、昔から比べれば楽になっています。温暖化の影響で、屋外でも何とか冬越しをする種類も増えているようです。でも、おいらの住む東京郊外は冬はかなり気温が下がるので、都心のようにはいきません。

 花屋で、花期の盛りの終わったものや、姿が悪くなった苗が捨て値と言っていいほどの安さで売られていますね。多年草などは、しっかり面倒を見てあげれば、また、成長して素敵な姿を見せてくれます。時々、そんな苗を見ると、買って下さいと言っているように思えます。園芸マニアの人は、是非、そんな苗を買って育ててみてくださいね。植物は、きっと答えてくれると思います。
ラベル:園芸
posted by トッペイ at 11:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

地球の好物コレクション

 今日は、十三夜。夜空に月が出ています。月といえば、おいらが高校生の時に開催された、大阪万博での月の石、人気がありましたね。おいらは、万博には行けませんでしたが。アメリカ館の長い行列のニュースが、期間中、ずっと報道されていましてっけ。

 石といえば、例の地球の好物コレクションの20,21号が今日届きました。重晶石とラピスラズリの標本が付いていました。全部で、100号の刊行予定ですが、2週間に1回の発行なので、100個の標本が揃うのはかなり先です。それに、標本も当たり外れがありますね。今回のラピスラズリも本屋にいいのがあったら、又、1冊買うことになりそうです。

 機会があったら、東京の教材屋に行ってみたいですね。何か、心惹かれるものが置いてありそうです。人体標本の小さいのなんかが。本屋には、「大人の科学」が売っていますが、あれも興味あります。よく、男は大人になっても、いつまでも子供の心があるんだって言いますが、趣味の事を考えるとうなずけますね。変わったものを集めて満足している人が少なくありませんから。

 ガンプラやフィギュア、トレードカードなど集めているヲタク系はその典型でしょう。

 おいらも、時々、石を触って満足しています。

 
ラベル:趣味
posted by トッペイ at 21:36| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

今度はワカサギ河口湖

 今、日本の生態系を守るための癌になっているのが、外来有害生物です。繁殖力の強い外来種は、在来種を駆逐して、生物界の多様性を破壊しています。植物ではアレチウリが、魚類ではブラックバスが問題を起こしています。環境省でも、駆除を勧めています。
 ブラックバスの場合は、一部のアウトドア派の有名人が擁護していたのが記憶に新しい所です。何を考えているのか、よく分かりませんね。釣り具のメーカーからお金でももらっているのかな、なんて勘繰りたくなります。
 そんな中、山梨県の河口湖では、あえてブラックバスを放流して、バス釣り客を呼び込んでいました。今から約30年前に漁協が放流を始めたそうです。今日の朝日新聞の夕刊では、最近のバス釣り客の減少で遊魚料収入が大きく落ち込んだ漁協が、今度はワカサギの放流を始めたということを報じていました。県の水産技術センターと協力して、去年から試験的に放流を開始したそうです。今年度は、体調3p程度までに育てた15万匹を含む計1億8千万匹の稚魚を6月に放流しました。7月末の調査では、地引網に約2万3700匹のワカサギがかかったそうです。でも、ワカサギはブラックバスの絶好のえさとなります。本当は、養殖された魚種を放すより、本来の在来種の住む湖に復元すべきだと指摘する専門家の意見に大いに賛成です。そのためには、ブラックバスの駆除が第一なのです。一部のタレントの中にもバス釣りをテレビ番組で放映するなど、生物界の多様性を破壊する活動に与する者が少なからず居ました。
 今回のワカサギ放流の試みも、うまくいくかどうか結果は不透明です。もう1度、自然界の多様性ということを考えてもらいたいです。破壊は簡単ですが、再生は時間もかかり難しいことなのですから。
posted by トッペイ at 20:45| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

貯蓄から投資へ?

 以前、小学生相手に証券会社が、学校で投資の学習をやっていたことが話題になっていた。時は、郵政民営化前後の頃だったのだろう。将来の顧客獲得という目的もあったのだろう。まず初めに、例えば生徒に10万円の資金を与える。(もちろんバーチャルマネーだろう)。それから、自分で株を選択して、一定期間に運用してみる。その間は、PC等で情報を得て、運用する。その後、期間終了後に運用利益で成績を評価する。利益に応じて、ご褒美(報酬)がもらえたらしい。でも、何故、この時期に株の運用の学習をすべきなのかは、ずっと疑問だった。

 実体経済という言葉がある。本来は、モノを作り、あるいは実際にそれを流通させることで利益を得るのが原則のはずである。実際に汗をかいて、働いた人に正当な利益が行くべきだった。ところが、規制緩和などを手段とする新自由主義経済が世界に蔓延するようになり、我が国の政府の政策にも採用された頃から、投資の世界では、実態のないところから利益を生み出そうという動きが強まった。禿鷹ファンドを呼ばれたヘッジファンドの動きが注目された。利益のためなら、モラルもなく、したすら金儲けに奔走していた。金を右から左へ動かすだけで富を得ようとしていた。企業の合併騒ぎも、企業経営の目的など最初からなく、売り抜けるための手段として行われていた。
 今回の、サブプライム問題も、返済能力のない低所得層(サブプライム)から、サラ金同様の手段でローンの貸付をすることが出発点となっていた。いまや、新自由経済の終焉をいう経済学者もいる。
 日本でも、未だに貯蓄から投資へ金を回せという、個人へ向けての働きかけが強い。その根拠の一つとして、アメリカの例が持ち出される。日本の2007年度の金融資産を見てみると、預貯金が53%を占めていて、株に対する割合は8%に過ぎない。アメリカでは株の運用が3割以上を占めている。しかし、資産保有上位5%の人が株式金額全体の8割近くを所有しているのが実態である。ということは、アメリカ人の多くが株式運用とは無縁なのである。
 子供たちに教えなくてはならないのは、実体経済なのである。楽して金を儲ける人間が優れていような教育はなされるべきではないのである。大人に対してでもある。「貯蓄から投資へ」を政策によって推し進めるべきではない。ギャンブルは個人責任で行うべきなのである。



gremz(グリムス)のキーワードは、京都議定書。
posted by トッペイ at 20:54| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

クイズマジックアカデミー

 今日も、クイズマジックアカデミーをやってみました。やったといっても、他の高校生と同じく、お金も時間もかけられません。
 アーケードゲームで、全国ランキングの上位を狙うのは不可能です。僕を初めてゲーセンに連れて行ってくれた友人も、ガンダムビルダーや三国志大戦を、仕事が終わってから、ゲーセンの閉店時間までやっていました。休みの日もかなりの時間を費やしていました。お金もたくさん使っていました。でも、上位には入れなかったですね。そのゲーセンのランキングには入ることがでしましたが。アクエリアンエイジというマイナーなゲームもダメでした。このアクエリアンエイジは、今では地元のゲーセンから姿を消しています。アヴァロンの鍵と同じ運命をたどった訳です。ランキングの上位にいる人は、ほぼ毎日、1万円以上は使っているのでしょう。ある意味では、ゲーム中毒に近いのかも知れません。そういう人を相手に、普通のゲーマーはかないっこないですね。
 さて、今、クイズマジックアカデミーでは全国大会をやっていますが、これも上位の成績をとるためには、時間とお金が必要です。
 
 最近は、みんな、クイズのレベルが上がっていますね。携帯でクイズを撮影して、家で答えを調べてくる人も少なくありません。つい先だっては、任天堂DSに、クイズマジックアカデミーのソフトが登場したので、それで勉強ずる人の成績も上がっているようです。おいらは、お楽しみでやるつもりです。それにしても、スポーツとアニメ・ゲームは分からない問題が多過ぎます。なかなか昇格しないので、カード2枚で楽しんでいます。問題を携帯に撮ってまではやりたくはないな。同じようなアーケードゲームがセガにもありますね。最初は、そちらの方をやっていましたが、ゲームとしては、コナミのクイズマジックアカデミーの方が良く出来ていると思います。頭の体操にはなりますね。

 マイタオル持参で、画面をゲームの都度、拭いている人もいます。綺麗好きで気合いが入っていますね。
posted by トッペイ at 21:16| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

斜陽化するゲーセン

 地元のゲーセンも2軒なくなっている。残ったゲーセンも、建物が古くなっていたり、50円ゲームの所があったりする。パチンコ屋と併設している店もある。
 やはり、家庭用ゲーム機や、パソコンのオンラインゲームの普及の影響なのだろう。
 以前、聞いた話では、ゲーセンの経営を成り立たせているのは、数%のリピーターのゲーマーだということだ。1日の多くの時間をゲーセンで過ごし、たくさんのゲーム代を費やす。お店によっては、データをとって優遇しているらしい。おいらの友達にも、ゲーセンに行くと毎回お金をたくさん使っていた人がいた。会社の帰りなど、閉店までゲームをしたりしていた。土曜日は、オールナイトのゲーセンで朝までやっていたりする。店にとっては有り難いお客様だ。ゲームの全国ランキングの上位成績者には、時間とお金をたっぷりとかけなければ、なることは不可能だ。
 おいら達、普通のゲーマーは、お金も時間もかけられない。ゲーセンにたくさん見かけるお客さんはこうした人たちだ。
 ゲーセンも、ファンサービスなどを行って、客足の減少を止めようとして経営安定を目指している。でも、客の数は減少しているようだ。
それに、おいらの街には、ゲーセンがたくさんあるから、客の取り合い状態だ。
 ※おいらの行ってるゲーセンは、タバコを吸うゲーマーのせいで、店中、タバコのにおいが充満している。心配なのは、間接喫煙で、ゲームをしているうちに、肺が汚れていくことである。ゲームをする時はタバコを吸わないでほしいな。身体にも、タバコのに匂いが染みついてしまうよ。若いゲーマーの健康も損ねているよ。
posted by トッペイ at 11:50| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

ブログパーツ

 ブログパーツは、結構、使うと面白いものがあります。ブログが賑やかになって、カスタマイズの感覚です。
 今日、貼り付けたグリムスは、植林活動に貢献できるパーツだそうです。ただ、あるキーワードを記事の中に入れてヒットすると、面白い変化が見られるというのですが、どんな言葉を入れればいいのかは、推理するのが難しいですね。色々と試してみたいです。今日は、gremzに対して、酸性雨という言葉を試してみます。当たりかな?酸性雨は、森林に対して大きな脅威ですからね。最近は、中国の工業化の進展に伴って、日本にも深刻な影響が出そうです。
posted by トッペイ at 20:57| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クイズマジックアカデミーにはまっています

 ゲーセンに行く様になったのは、2年くらい前からかな。およそ、ゲームセンターなどに縁のないおいらが、初めてそこへ行ったのは友人のお付き合いからだ。だいたい、おじさんのおいらが、ゲーセンなんて雰囲気ではなかった。ただ、友達とそこで一緒の時間を共有出来るからだ。
 彼は、カードを使ったゲームにはまっていた。サッカーから、三国志大戦、特にガンダムビルダーには力が入っていた。レアカードを集めるのも趣味だった。時には、カード屋で高いお金でスーパーレアカードを買っていた。
 おいらは、対戦型のゲームは全く苦手だった。たまに排出されるレアなカードに喜ぶ位かな。ゲームに負けても、カードの出てくる確率は同じだから。

 最近は、彼と会うこともない。別の若い友人とゲーセンで始めたのが、クイズアカデミーだ。全国対戦モードで、メダルを獲得してレベルアップしていく。結構、頭の体操になって面白い。ただ、得意分野と苦手分野の格差が大きくて、アニメ・ゲームやスポーツの問題が出ると最悪の結果になることが多い。レベルアップも、称号が上がるにつれて、条件が厳しくなる。今週、やっと、諦めていた「賢者」に昇格で出来た。運が良かったのだ。この上の、もっともっと上のレベルにいる人は、何かコツがあるんだろうか?でも、当分は、このゲームにはまっているのだろう。でも、野球とかサッカーとかの問題はさっぱりだめですね。繰り返しやって、覚えるしかないみたいです。アニメも、ガンダムの1年戦争を知ったのが、やはり先の友人の影響で最近の事なので、攻殻なんかさっぱりわかりませんね。そう、鉄腕アトムとかおそ松くんは分かりますけれどね。
 

posted by トッペイ at 19:24| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

「小泉劇場」再来は止めて!

 またまた、マスコミでは自民党の総裁選を取り上げて、お祭り騒ぎしている。麻生饅頭が出来たとか、くだらないことを発信している。
 小泉元首相の時は、最悪だった。ワイドショーでも、タレント扱いで毎日のように放送していた。郵政民営化で、すべてが良くなるような雰囲気だった。あの、古館氏も、ニュースステーションで盛んに構造改革路線を支持して、政党討論会でも野党の発言を遮っていた。小泉シンパの、偏向古館氏は、風見鶏よろしく、今度は与党への批判を続けている。何と節操のない人が司会をやっているのだろう。今、問題となっている後期高齢者医療制度だって、障害者自立支援法だって、本格的な始まりは小泉政権の時だって忘れないでほしいね。イラクにも、大量破壊兵器は無かったしね。あの時の、日本人捕虜に対する自己責任論攻撃も最悪だった。小泉政権の誕生には、マスコミも大いに力を貸した。マスコミンの批判精神はもう死んでしまったのかも知れない。

 そして、又、総裁選のお祭り騒ぎ。太田農相のことなんか、どっかに飛んで行ってしまった。NHKでは、多くの時間を自民党に提供した。自民党の専用放送局になっていた。

 麻生氏は、以前には、朝鮮で行われた創氏改名は朝鮮から頼まれた事などと言っていた。これだから、何時まで経っても、日本はドイツのように戦争に対して本気で反省などしたことはない。まあ、麻生氏の父親は、朝鮮で朝鮮人を搾取して富を得た人物だから、本気で思っているのかもね。
 そして、またもや、名古屋で「豪雨が安城や岡崎だったからいい」と暴言を吐いている。小泉氏がまたもや登場して、小池氏に云々。こんなことマスコミで取り上げるのがおかしいのである。

 いい加減、「小泉劇場」を再現するようなことは止めて欲しい。アメリカのリーマン社の破綻。これも、新自由主義体制を推し進めた小泉政権に関係ないとは言わせない。
posted by トッペイ at 14:42| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

鉱物のコレクション

 今日が、第1回目の投稿です。 
 
 今、鉱物標本を集めています。本屋で売られているディアゴスティーニ・ジャパン社の「地球の鉱物」です。いちいち買うのも面倒なので、定期購読にしました。2週間にい1度送られてきます。でも、大量に用意された標本の1つですから、気に入らないものが送られてくる時もあります。そんな時は、本屋でもう1冊買っています。もう2回ほどしました。

 鉱物に心が惹かれるのは、小学生の時に読んでいた、学研の「科学」の影響なんでしょう。毎回、付録が楽しみでした。鉱物標本も付いていました。今では残っていませんが。東京国立科学博物館の売店にも売っていましたっけ。

 今回は、ようやくコレクションが始められました。先日、書店に行ったら鉱物の標本が売られていました。化石も一緒に売られていました。化石も集めてみたいな。予算の都合で買えませんでしたが。琥珀の虫入りが欲しかったな。コーパルの虫入りも売られていました。これから、予算の余裕があったら、化石もコレクションしよう。今は、ささやかな安価な鉱物コレクションです。

 パワーストーンも売っていました。おばさんが、一所懸命に選んでいました。こちらは、縁起物として女性に人気があるんですね。
ラベル:趣味
posted by トッペイ at 11:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。