リンク集

2011年01月07日

本気で社会的禁煙を推進することは難しい/外国は喫煙者に厳しくなりつつある



 世界的に禁煙の動きが強まっている。
まあ、タバコには健康面に対して全くのプラス面がないのだから当然なのであろう。あの芥川龍之介の小品が、タバコの存在について面白く描いているのが記憶に強く残っている。

 さて、地元でも駅周辺は禁煙地区に指定されている。しかし、朝の風景の中に、ビルの外で喫煙しているサラリーマンたちをよく見かける。職場では吸えないので、ビルの陰で吸っているのだが、禁煙地域内なのに罪の意識はないのだろうか。また、同地域内のコンビニの前でも、少なからず喫煙者を見かける。当然、そのコンビニではタバコを売っているのであるが。
 さらに最悪な事が2点。一つは、禁煙地域内に、市がわざわざ喫煙コーナーを設けていること。
 もう一つは、歩きタバコの増加。あれって、すごい危険行為なんですよ。歩行中に子どもにでも火が当たったら大変な事になります。
 自転車に乗りながらの喫煙行為も最低ですね。

 何よりも、こうした喫煙行為も「自分の健康に関してはとやかく言われたくない」という言い訳は通用しません。間接喫煙で、家族や傍を通る通行人までに健康被害のリスクを高めているのですから。

 ハンバーガーショップでも、分煙の所がありますが、完全な閉鎖空間は作ることが不可能で、禁煙コーナーを利用していてもかなりのタバコの匂いがしてきます。

 道路も、タバコの吸い殻が散乱しています。中には、火がついたまま捨てられているものも見かけます。

 責めて禁煙指定地域内では、その言葉の通りに全面禁煙してもらいたいですね。
posted by トッペイ at 11:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

「アンネの日記」を守ったミ―プ・ヒースさん死去、100歳



 先日、日本で制作されたアニメーションの「アンネの日記」を観たばかりであった。
 アンネの一家と別の家族の隠れ家生活を支える女性が登場していた。命をかけて、彼らの生活をサポートした。
 アンネは、ドイツ軍に発見された、収容所へ送られる時に、あの日記を隠れ家の部屋に残して行った。それを、ミープさんが大切に保存していたのだ。
 今まで、生存しているとは思わなかった。100歳も生きたそうだ。

 以下に書かれていたニュースの内容から、ミープさんのことが少しは分かった。
 ドイツの占領下で、オランダにも良心的な人がいたのだ。彼女のおかげで、「アンネの日記」が、世界中の平和を愛する人たちによって読まれるようになったのだ。

 人間を信じること、信じられることを教えてくれた彼女の冥福を祈る。平和のために、何が出来るのかを考えながら。

 『ヒープさんのウェブサイトによると、ヒープさんは1909年ウィーン(Vienna)生まれ。11歳のときに、オランダに移住した。

 1933年からアンネの父親オットー・フランク(Otto Frank)氏が経営するオペクタ(Opekta)商会に勤めていたヒープさんは、1942年からオペクタ商会内の隠れ家にいたフランク一家と別の家族に、自らの危険を冒して食料を届けた。だが1944 年、隠れ家はナチスの秘密警察に発見され、一家は強制収容所に送られた。その後、ヒープさんはアンネが書いた日記を隠れ家で見つけた。

 ドイツのベルゲン・ベルゼン(Bergen-Belsen)強制収容所に送られたアンネは、そこで病死したが、父親のオットー氏は、アウシュビッツ・ビルケナウ(Auschwitz-Birkenau)強制収容所から生還を果たし、ヒープさんはオットーさんにアンネの日記を手渡した。

 危険をかえりみずにフランク一家を支えたことについて、ヒープさんはかつて、アンネ・フランク記念館「アンネの家(Anne Frank House)」を通じて、「一家を助けるために、できることをしただけだ」と述べている。』
posted by トッペイ at 01:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

駅伝と外国人

 今日も、箱根駅伝の放送が行われている。
元旦の実業団の駅伝の時も、そうであったが、アフリカ出身の選手の登場には興ざめである。
 彼らが悪いというのではない。彼らを使ってまで、勝とうとする大学や企業の精神がいやらしいのである。
 最初は、山梨学院大学が始めたことなのだろう。その頃は、1階のレースで、今より多くの外国人が登場していた。

 最近は、高校駅伝でも、男女を問わず、アフリカ出身の外国人が採用されている。

 スポーツの世界で、出稼ぎの要素がないと言ったらウソになるのではないか。事実、年齢を偽ったり、日本で疾走した選手の例もあるのである。

 駅伝を見ながら、学校の嫌な動機を思う。何人抜き云々などはどうでもいいことなのである。

 本来の留学生なら、問題無いのである。
posted by トッペイ at 09:05| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

チャーリー・シーン、DV容疑で逮捕



 アメリカ人俳優チャーリー・シーン(Charlie Sheen、44)が24日、米コロラド(Colorado)州アスペン(Aspen)の警察に家庭内暴力の容疑で逮捕されたと報じられた。

 しかし、逮捕直後に警察によって撮られた写真、最悪である。俳優も、こういう写真は映りが悪いようだ。

 さて、DV(ドメスティック・バイオレンス)は、日本でも深刻な問題となっている。DVは、連鎖する傾向も強く、親に虐待された児童が、今度は、暴力をふるう立場となる可能性もあるのだ。
 最近は、若い男女間でも、デートDVが注目を集めるようになっている。身体的な暴力と共に、相手を異常に独占したいと思う精神的なケースも存在する。
 以上のように、DVの場合は、被害者だけでなく、加害者も心理的ケアを必要とされている。

 さて、ニュースの方は、妻に対するDV容疑ということだ。3人目の妻だとメディアは報じている。

 チャーリー・シーンは1997年にも、カリフォルニア州の自宅で交際相手の女性に暴力をふるったとして裁判にかけられたほか、前妻で女優のデニース・リチャーズへの暴行容疑に問われたこともある。

 DVは、依存症同様、精神科によるケアが必要で、彼も、本格的に治療しない限り、再び、DVをくり返すことになるであろう。
posted by トッペイ at 02:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

恐怖を知らない子は、大人になってから犯罪を犯しやすい?!米医学誌



 心理テストと、統計学による研究結果だが、どちらも、気を付けないと客観性を保証できなくなる。両者の組み合わせだから、この研究結果も、一応の参考として理解しておいた方が良いのかもしれない。

 研究結果というのは、『通常の恐怖反応を示さない子どもは、大人になると犯罪を犯しやすくなる』というものであったが、16日の米医学誌「American Journal of Psychiatry」に発表されたとのこと。

 その方法は、ニュースによれば次のように紹介されている。

 『研究チームは、約1800人の3歳児を対象に、大音量の短い不快音と普通の音とを聞かせる実験を行った。このとき、恐怖への反射作用である汗の分泌などを測定することで、「恐怖条件付け」を調べた。

 そして20年後、被験者の裁判記録を調べた。

 その結果、被験者のうち23歳までに重罪を犯したのは137人で、このなかに3歳時の実験で正常な恐怖反応を示した者は1人もいなかった。

 一方で、23歳までに犯罪を犯したことがないグループでは、実験では正常な恐怖反応を示していた。』

 さて、こうした結論は、客観性を持ったものなのか。

 研究者の立場は、脳の機能に成人の犯罪の原因を持ってくるものである。最近流行りの、脳の機能でなんでも説明しようとする立場である。この立場に関しては、疑問を呈する指摘も多い。唯脳論とでもいう立場は、気を付けないと、疑似科学の分野へと自らを追いやってしまう。

 ニュースの記事を続けてみよう。

 『研究者らは、大人になって犯罪を犯すようになる傾向には、社会的な条件付けや民族性や性差よりも、脳の特定の部位が正常に機能していないことによる方が大きいと仮定。神経系の発達が犯罪に部分的に関連しているとすれば、犯罪を防止し対処する取り組みとして、早期の治療行為が今まで以上に頼りにされるだろうとしている。

 たとえば、妊婦の喫煙、飲酒、ドラッグの使用を減らすことを目的とした出産前プログラムを実施して15年後には、未成年者の非行が減ったとする調査がある。

 また、3〜5歳のときに栄養バランスの良い食事をして多くの運動をし、精神的にも刺激を受ける生活を送っていた子どもは、6年後にはそうでなかった子どもに比べて脳が良く機能し、大人になってからの犯罪率も35%減少したという統計もある。』

 この結論が、真実であるのなら、犯罪予防が脳のレベルで可能となることになる。しかし、人間は社会的存在でもある。脳の機能で、全てを説明することは無理であろう。ただし、全否定も、又、現実的ではないので、一定の犯罪予防効果があるのなら、人権を侵害しない条件の下に行われる価値はあるのかもしれない。
posted by トッペイ at 00:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

グリムス・やっと大人の木になりました

グリムス大人の木.jpg

 このブログでは、初めての大人の木です。こんな木に成長したのですね。次も頑張って成長させなくては。

 ワード・Water Planet
posted by トッペイ at 00:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

ゲーセンに値上げの動き

 産経新聞によると、ゲーセンの業績悪化を受けて、ゲーム代の値上げが検討されているとのことだ。一部の店舗では、試験的に値上げした料金で運営を行っているとのことである。家庭用ゲーム機の普及や、ゲーセン同士の過当競争も原因に挙げられている。
 確かに、地元にゲーセンも客足が減ったような気がする。100円のゲームが120円になるなどしたら、もっと、客足が減るかもしれない。店によっては、ファンサービスとして、割引料金でゲームを提供しているところがあるのも現実だ。
 まず、やるべきは、ゲーセンの環境を良くして、多くの幅広い客を対象にすること。たばこの煙が充満しているような所は、子どもをはじめ、健康を気にする人には、避けたい場所だ。高校生と思しき若者が、喫煙していたりする。未だ、ゲーセンには、暗いイメージも残っている。本当は、館内は禁煙にすべきなのだ。パチンコ屋とは違うはずだ。ゲームも、大人向けのギャンブル性の高いゲームと、子ども向けのものが混在している。場所的区分も今後は考えるべきだろう。

 それに、一番大事なのは、魅力あるゲームの開発に尽きるのだろう。このままでは、ゲーセンは衰退の一途をたどることになるだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090506-00000068-san-bus_all
ラベル:ゲーセン
posted by トッペイ at 14:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

クイズマジックアカデミー

 クイズマジックアカデミー、バージョンが変わってから、どうも調子が狂っています。なんせ、予選が2回戦の合計になったものですから、この2回の分野の組み合わせで、後の運命が大きく変わる訳です。
 一昨日は、雨の為か、対戦相手の中に、コンピューターの相手が登場することが多かったです。一回などは、対戦相手が全員、コンピューターのキャラクターでした。要は、機械相手の戦いな訳で、こういう時は、普通は、自分が一位になることが圧倒的なのであります。しかし、何と、2回の予選が、アニメ・ゲームとスポーツという最悪パターンの上、問題がさっぱりわからない系で、何と機械に負けてしまい、予選通過をできませんでした。何たる屈辱。今回のバージョンは、簡単かマニアックな問題が多いのであります。そんな訳で、前のバージョンと比べて、お客さんが減っているようです。
 それに、最近はゲーセンのお客自体が減少しているようです。もしかしたら、ゲーセンの危機の時代かも知れません。
 と言いつつ、今日も、ゲームをやろうかな。
ラベル:ゲーム
posted by トッペイ at 01:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

クイズマジックアカデミーが新しくなった!

 今日、ゲーセンに久しぶりに行って、クイズマジックアカデミーやろうとしたら、ヴァージョンが変わっていた。前から、ポスターで告知はされていたけれど、はや、Yになっていた。

 レベルが最初に戻ってしまった。またもや、最初からリスタートか。
今度は、予選が2回行われて、最初の振るい分けが行われる。今回の方が有利なのか分からない。得意分野と不得意分野の兼ね合いかな。

 まだ始まったばかりなので、よっぽどのゲームマニアでなければ、横並び状態だ。でも、またもや、出題画面をケータイのカメラで撮りまくっているゲーマーがいた。家に帰ってから解答を調べるのだろう。おいらは、そこまでやる気はないね。でも、そうでもしなければ、楽に勝ち抜けないのかもね。今は、ゲーセンのサービスで100円で3回もゲームができる。頭の体操と時間つぶしにはもってこいだ。さて、カードは2枚あるから、今回はどこまでレベルアップできるかな。とても、ランキングに入っているゲーマーなんて信じられない存在である。彼らは、開店から閉店までゲームをしているのかな?
posted by トッペイ at 00:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

世界に輸出される日本語

引きこもり(hikikomori)が国際語に!? 世界で通じる日本語
イタリアの有力紙「コリエレ・デラ・セラ」の社会面の特集企画で『急増する引きこもり(hikikomo..........≪続きを読む≫


 日本のアニメの世界進出に合わせて、「ヲタク」用語も次第に使われるようになったのは理解できるが、「引きこもり」までも使われるようになるとは予想もつかなかった。色々と挙げられている例を見ると、結構意外な言葉が使われているのだな。
posted by トッペイ at 01:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

鼻をほじくってはいけないということ

花粉症シーズンでどんなにムズかゆくても、鼻の穴をほじってはいけないワケ
photo by buniga 鼻の孔に指を突っ込んでホジホジ…どんな人でも一度くらい「鼻ほじり」..........≪続きを読む≫


 鼻にも優しくすることが大事なのですね。でも、思い切ってやってしまいそうです。
posted by トッペイ at 01:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

「戻るボタン」の「戻れない」サイトの話

「戻るボタン」をひたすらクリックしても戻れないサイトが注目される
インターネットでサイトを閲覧しているときに必ずといっていいほどお世話になる「戻るボタン」。ブラウザ..........≪続きを読む≫


 ネットでの珍事の記事があった。「戻るボタン」をクリックしても戻れなかったら、焦るかな。
 でも、プログラム上の問題は、専門外なのでよく分からなかった。
posted by トッペイ at 18:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

ダーウィン生誕200年記念の紙幣発行



 今年は、進化論を首唱したダーウィンの生誕200周年だ。
本国イギリスでは、これを記念した切手と紙幣が発行されたそうだ。

 イギリス国教会もダーウィンの進化論を認める方向になった。
これら記念品の実物を見てみたいものだ。

 でも、最近の進化論はどうなっているのだろうか。今年は、ゆっくり進化論の歴史をたどってみようかなどと思っている。

 きっかけがあった時には、読書を通じた学習に取り組みやすいから。
posted by トッペイ at 18:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

クイズマジックアカデミー/やっと賢者に

 昨日は、朝早めにゲーセンに行く。市役所に用事があったので、その前にクイズマジックアカデミーをするために寄った。2枚目のカードの賢者への昇格が目的だった。前回は、失敗。何とかフェニックスのレベルまで戻して終了した。今回は、何としてもフェニックスクラスで優勝という条件をクリアしなくてはと思い、午前中を狙った。
 このゲームで頑張っている人は、よく、携帯のデジカメで問題を撮影している。家に帰って答えを調べるのだろう。おいらはそこまではしないが、相変わらず「スポーツ」「アニメ・ゲーム」は不得意である。当日も一回目は、12位くらいだった。不得意分野が出まくった。二回目は、参加者のレベルを見て、もう駄目だと覚悟した。しかし、運が見方してくれて、何と優勝してしまった。ゲームの展開なんてこんなものなのか。あきらめてはいけないということの教訓。こうして二枚目のカードも賢者となりゲームは一つの結末を迎えた。これから先は、楽しんでレベルアップしよう。
 前は、ガンダムのカードビルダーや三国志大戦をしていた。アクエリアンエイジも。でも、この手のゲームは向いていなかった。攻略本を買っても真面目に読まなかった。これらのゲームは、上位者に名を連ねている人は、多分ゲーム中毒者なのだろう。ひと月に、30万円もお金を使っている有名ゲーマーもいるという。ゲーセンは、そうしたゲーマーが経営を支えているという。時間的にも、1日に多くの時間を費やしているのだろう。そんな人を相手に勝てるはずがないから、その手のゲームは止めた。
posted by トッペイ at 01:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

ダーウィン生誕200年と進化の木



 今年はダーウィン生誕200年の年にあたります。実際に「種の起源」や「ピーグル号航海記」が岩波文庫から出ていますから、実際に読んでみようかなと思っています。教科書などで、概略を知ることができますが、実際に原著(外国語が堪能なら本当の原文で読むべきなのかも知れませんが、実力不足から翻訳書ですね)から著者の声を聴くことが大事なのかも知れません。
 進化論と言うと、社会学に「社会的進化論」が存在しますが、ダーウィンは否定しましたね。この考え方は、ドイツのナチズムなどに利用されたことがあるように、危険な思想だといえそうです。
 今年は、200年を記念して色々な行事も予定されているのでしょう。そういえば、カトリック側から昨年、「種の起源」は問題ないという見解が出されました。でも、プロテスタントでも、キリスト教原理主義者は未だに、学校で進化論を教えることに反対しています。

 生命の木の図は、進化論の考えが表現されたものです。命の大切さ、生物の多様性の大切さを考えさせられます。
posted by トッペイ at 01:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

ケツメイシ「君にBUMP」

 特に文を書く気分でもないので、音楽をアップしておこう。

ラベル:音楽
posted by トッペイ at 17:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

久しぶりのクイズアカデミー

 昨日は透析の帰りに久しぶりにゲーセンでクイズアカデミーをしました。なんせ、期間を空けるとカードのデータが消えてしますから、時々、ゲームをやっています。昇級テストがだんだん難易度を増すので、テンションを下げないように、カードを2枚作ってやっています。DSとソフトを持っていれば、好きな時にクイズの模擬テストができるのですが、持っていないので、いつも現場主義でやっています。

 ゲーセンはお年玉サービスということで、50円玉2枚で3回ゲームが出来ました。でも、最初のカードの時に、機械がエラーを起こして、オンラインが切断、画面が消えてしまいました。画面では、何やら、自動的に修復作業が行われていました。OSがWindowsXPだということが分かりましたが、画面が新たな作業を要求していました。結局、店員を呼んできて直してもらいました。でも、最後のデータは消失したとのこと。ちょっとがっかりしました。

 久しぶりのゲームなので、指をうまく動かすのに、なかなか慣れないで、タイピングでミスが多かったです。成績は散々。まあ、安く楽しめたからいいかな。今度は、しばらく時間が経過してからまたやってみようと思います。
ラベル:ゲーム
posted by トッペイ at 20:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

観葉植物の冬越し

 透析の帰りには、よく花屋をのぞいていく。観葉植物や洋ランが売られているが、冬は植物も大変そうだ。出荷前の温室から、寒い冬の売り場に売られている場合も多い。ビルの中の店舗では、温度は大丈夫なのだが。

 花屋で掘り出し物は、売れ残った鉢ものだ。でも、冬の観葉植物は弱っている可能性が高い。クリスマスに売られていたポインセチアなどは、だいぶ落葉していたりする。もちろん、管理をしっかりすれば、季節が暖かくなれば再び元気になるだろう。以前は、そんな植物を見るとかわいそうに思えて安い値段で買っていたが、今は、世話をするのがしんどくなったのと、部屋のスペースの関係でほとんど買っていない。

 去年買ったミラクルフルーツも落葉しだした。やはり、冬越しは無理なのかも知れない。実付きの大きめの鉢植えを買ったのだが、いま一つ寒さに弱そうである。多肉植物は、一部のものを除いて、乾燥することで耐寒性が増す。これらは、手間がかからないので冬でもじっと我慢の態勢で頑張っている。

 食虫植物のウサギゴケの苔玉は二つあったものを、四つにして水を張ったプラスティックのトレー状の入れ物に入れてある。まだ、かわいらしい兎の形の花をつけている。水の中を見ると、ミジンコがまだ泳いでいた。苔の中に住んでいたのが、繁殖したらしい。ミジンコも冬越しができるのだろうか。

 百円ショップにミニ観葉が売られていたが、ほどんど水やりをしていないのか、多肉植物を除いて大部分がしおれて、枯れかかっていた。あまりにもかわいそうなので、しわの寄ったメセンの仲間と、シマトネリコの小さな苗を買ってしまった。家に帰ってから水をやったら、シマトネリコは元気に緑色を増してきた。最近は、地球温暖化の影響で、昔と比べて観葉植物の冬越しが楽になった。シマトネリコも一部の地域では庭植えも可能で、庭木となっているそうだ。サボテンの中のうちわサボテンは地元でも、大きな株が外で育っているのを見かけることがある。
ラベル:趣味
posted by トッペイ at 16:37| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

新年おめでとうございます

門松

 明けましておめでとうございます。
今年が希望の年の始まりでありますように。

 去年の暗いニュースを吹き飛ばすような、人々の連帯の年であるように祈っています。

 
posted by トッペイ at 00:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

来年もよろしく

 今年も今日でおしまいです。投稿はさぼりがちでした。
来年もどうぞよろしくお願いします。
良いお年をお迎えください。

posted by トッペイ at 14:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。