リンク集

2010年08月03日

戒名選びもパソコンで、有り難くないお話



 お葬式での僧侶による死者に対して戒名を付けることは、今では、儀式に過ぎないのかも知れない。本来は、仏門に入った時につけられる名前であったのが、葬式仏教と揶揄される流れの中で、儀式化されて来たのだろう。葬儀を執り行う上で、引導を渡す際にないと恰好がつかないと遺族も思っているのかもしれない。最近は、生前に、自分で戒名を付ける人もいるのであるが。

 この戒名を付ける作業も、ついにパソコンのソフトとなって登場した。『故人の趣味や職業を入力すれば、ふさわしい戒名(法名)を提案してくれる。そんなパソコン用「戒名ソフト」を利用する寺が増えている。』

 何ということなのだろうか。

 『製造元は東京都目黒区の「大東工業」だ。電話工事が主業務の同社が、お寺向けのパソコンソフトを開発したのは約20年前。従業員の父親の僧侶が「檀家リストの整理ソフトを作って欲しい」と、鷲田芳之社長に頼んだのがきっかけ。試しに作ったところ大好評。さらに「戒名をつけるのも大事な仕事。手助けできないか」と思い立ち、戒名ソフトも製作した。

 年会費5万円で会員になったお寺は檀家・墓地管理、収支計算などのソフトの提供もあわせ、更新やサポートのサービスを受けられる。全国約300寺が入会しており、年数カ所ずつ増えているという。 』

 他にも、戒名ソフトを開発した会社があるという。葬儀が大事な儀式だとすると、このソフトの使用は、余りにも安易過ぎるようだ。宗教ビジネスに限りなく近づいていくような感じがしたニュースであった。
posted by トッペイ at 01:03| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

�����������D�������o���������`���|���������������������I�I�I�I

�����v�F���������������������A���������オ�k���k���������������������I�I
�z���o�����������U�`���\���������A�y�����V�����������I��

���������������U�����������������A�z���g�������������H(�O�O;)
http://q5skjvf.mugi.zozozoi.net/
Posted by �v���������肢���������H at 2010年08月11日 10:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/158278415

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。