リンク集

2010年07月31日

止まらぬ「はやぶさ」人気、でも事業仕分けの影も



 DVDも発売されたプラネタリウム番組は、地元の八王子のプラネタリウムでは、3回も観てしまった。府中市にあるプラネタリウムでも観る機会があったが、同市の場合は、会場に「はやぶさ」の模型と、小惑星「イトカワ」の模型も展示してあり、なかなか良い企画であった。DVDで、見直してみると、ナレーターが「ハヤブサ」を擬人化しているのが、何とも、日本人の心に訴えてくるようだ。
 ニュースでは、回収されたカプセル公開の長い人の列を紹介していた。
 今回のニュースでは、『6月には32分の1のプラモデルも発売され、「車やF1も含めた通常のヒット商品の5倍」の売り上げになった。制作元の青島文化教材社は、フィギュア「はやぶさたん」や日本の無人補給機「HTV」のプラモデル化も決定。担当者は「はやぶさが、宇宙機のプラモという新たなジャンルを開拓した」と話す。 』と、オタッキーな話題も紹介している。
 注目は、回収された微粒子の解析結果であるが、「ハヤブサ2」の計画も進もうとしている現在、あの政治的パフォーマンスで、日本の宇宙開発予算が大幅に減らされる方針が出された事を忘れてはなるまい。
 関連する話であるが、先日、納涼能を観に行ったが、会場内で、文化予算削減に対する署名用紙を見かけた。
 科学技術や文化に関する予算は、決して経済性、効率性という視点からだけで見ることができない。それを、儲かるかどうかという点を強調した事業仕分けの仕分け人の姿勢を問う必要が大きいのではないか。
 「ハヤブサ」人気の影に隠れた形の問題点も忘れないでほしい。
posted by トッペイ at 01:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157973351

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。