リンク集

2010年07月11日

外来種のカニ、全国拡大の恐れ、沿岸の生態系に悪影響も



 近所の河川敷に、わざわざ、本来の植生の雑草を引っこ抜き、コスモスのタネをまき世話をしている人がいる。また、遊歩道に沿って、河川敷に、様々な園芸植物を植え、椅子、机まで置いて公園化しているグループが存在している。一見すると、美化にもつながるから、良い行いのように見えるのであるが、生物の多様性を守るということからは、とんでもない環境破壊の行為なのである。

 今回、問題になっているカニは、やはり外来種のミドリガメ(ミシシッピーアカミミガメ)の名前によく似た「チチュウカイミドリガニ」である。その名のと落ち、地中海原産のカニで、東京湾でも繁殖していると、テレビのニュースでも取り上げていた。ブラックバスやブルーギルのように、人間が豊漁したものではなく、外国からの船に付着して日本にやってきたらしい。東京湾から、伊勢湾、大阪湾にまで飛び火したという。

『調査では、チチュウカイミドリガニの過去約20年の分布拡大のしかたを解析。コンピューターシミュレーションで、今後の広がり方を予測した。主な分布域は、今後数年は関東・東海地方と大阪湾周辺、四国と九州の一部などにとどまるが、20年後には、北海道や東北を含む広い範囲に拡大。200年後には北海道から九州にかけて、日本列島のほぼ全域に広がるとの結果が出た。』

 今後の具体的に在来種に対する影響は、はっきりしていないが、その繁殖力から、将来の在来種への悪影響が懸念されている。

 なお、環境省では、要注意外来生物に指定している。
posted by トッペイ at 01:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156001409

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。