リンク集

2010年06月24日

リボンのようなオーロラ、国際ステージョンから撮影



 いつか、実際に自分の目でオーロラを見てみたいと思う。
今回、ニュースで紹介された「南極光」は、リボンのような形をしている。自然界の神秘は、宇宙から捉えられた。

『米航空宇宙局(NASA)は21日、国際宇宙ステーション(International Space Station、ISS)から撮影されたオーロラ「南極光(Aurora Australis)」の写真を公開した。このオーロラは前月24日、太陽のコロナガスの噴出によって引き起こされることが多い磁気嵐が起こっている際に撮影された。この時、ISSはインド洋南部上空350キロに位置し、南極大陸の方向を向いていた。

 オーロラは曲がりくねったリボンのような形状をしており、画面右側下に見える位置で分離している。全体は緑色だが、画面左側には淡い赤色も見える。オーロラの下側には厚い雲が広がっているが、地球の地平線の湾曲ははっきり見ることができる。』
posted by トッペイ at 00:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154267455

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。