リンク集

2010年06月16日

7年ぶりに帰還の小型探査機「はやぶさ」でギネス申請



 各地のプラネタリウムで投影中の「HAYABUSA」も好評のようだ。作品は、「はやぶさ」を擬人化しており、観客が感情移入して感動してしまうようにでき上っている。東京府中市のプラネタリウムでは、「はやぶさ」の模型も展示してあって、お勧め。
 投影作品もパート2が作られるようだ。実際の探査機も、2号機の開発の予定が話題となっている。
 ニュースを読んでいて、笑ってしまったのは、管新首相が、2号機の開発に積極的だということ。あの政治ショーとしての事業仕分けで、真っ先にいけにえになったものの一つが、科学学術予算であった。台湾出身の元タレント議員の顔を見ると、腹が立つくらい、無知が露見したことを思い出す。何でも、算盤でしか研究を評価しないのだから。その政権党の首相が、「はやぶさ」の人気から、悪乗りをしているとしか思えなかった。本来の流れからは、お金に結びつかない研究は、カットのはずではなかったか。

 「はやぶさ」の活躍、というよりは、日本の技術者の活躍をたたえるべく、ギネスに申請されることになったという。

『宇宙航空研究開発機構(Japan Aerospace Exploration Agency、JAXA)は15日、7年間におよぶ宇宙空間の旅を終えて2日前に地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ(Hayabusa)」について、ギネス世界記録(Guinness World Records)の認定申請を行ったことを明らかにした。

 申請を行ったのは「月以外の天体に着陸して帰還を果たした初の宇宙探査機」と「世界最長の宇宙空間飛行から帰還した探査機」の2つの項目。 
 
 世界最長となる可能性があった「はやぶさ」の総飛行距離については、正確なデータではないことに加え、科学面での重要度は低いために、申請しなかったという。』
posted by トッペイ at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。