リンク集

2010年06月01日

「グラッときたら火の始末」は非現実的、文部科学省審部会



 昨年、立川市にある防災館を患者会で社会見学として訪れた。館内の中の、地震体験コーナーで、実際の地震の時の対応を練習したが、台所という部屋という設定で、まずは、揺れている最中は、テーブルの下で、その足につかまりながら、揺れが鎮まるのを待ち、鎮まった時にガスレンジ等の火を消し、ドアを開けて避難する経路を確保するというものであった。

 今回のニュースでは、「揺れが来たら机の下に」など、マニュアル化した退避行動について、文部科学省の科学技術・学術会議の作業部会で検討を行った結果の見解についてのものであった。
 結論は、マニュアル化した行動の指針が、必ずしも、全ての場合を想定したものではなく、ケースによっては、違う対応が求められるので、「万能でない」というものであった。
 
『建物の耐震化など事前対策に重点を置いた報告書を31日、同審議会の委員会に示した』内容は次のようなもので、建物の耐震構造などを考慮したものであった。

 『作業部会は「グラッときたら火の始末」や「窓や扉を開け出口を確保」など一般に推奨されてきた行動を検証。阪神大震災の経験などから、震度6級以上ではこうした行動が現実的でないとわかった。

 火の始末は、地震で自動的に消火する装置が多く、消しに行く方が危険が生じると指摘。身を隠したり、出口を確保したりするのも、揺れているときに動くと危険が増す可能性があり、その場で姿勢を低くして頭を守り、無理に動かないほうがよいとした。

 報告書では建物の耐震化や家具の転倒防止など、事前対策の重要さを強調している。

 作業部会主査の田中淳東京大学教授は「退避だけで命は守れないことを肝に銘じ、地震発生時に適切な行動をできる判断力を磨くしかない」と話す。

 文科省は今後、報告書を都道府県に配布し、防災教育に役立てる。』
posted by トッペイ at 00:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。