リンク集

2010年05月25日

派遣労働者の待遇向上の共同宣言、連合と人材派遣協会



 派遣労働者の対象が広がったことにより、非正規雇用労働者が増加して、いわゆる安易な派遣切りや、偽装請負の問題が一気に噴き出した「年越し派遣村」の出現にニュースは、わが国の貧困化の進行を世間に認識ササた。元々、労働者派遣法の対象の拡大は、経済団体の意向を受けてのものであった。最近、企業利益の増大などのニュースを聴くことが少なくないが、派遣労働者を雇用することでの収益確保の面が強い。かつて、強調されていた企業のコンプライアンスの精神も、忘れられてしまった。
 要は、派遣労働者の低賃金と、劣悪な労働環境により、企業が利益を上げた面も強いのである。
 そうした批判を背景に、労働者派遣法の改正が強く求められるようになり、改正が進むかと思われた。しかし、いざ、政府の改正案を見ると、抜け穴だらけのものであった。これは、財界の意向を取り入れた結果だとしか思えない。

 昨年の映画「沈まぬ太陽」の中で描かれたように、日本の労働組合の中には、企業との協調路線を優先するいわゆる御用組合が少なくない。

 今回、連合が人材派遣協会や、財界と、表向きは派遣労働者の待遇口上の共同宣言を出したというニュースが報じられているが、「失業者を増やす」「規制の強化は、企業の海外移転を促進する」などの根拠のない理由に基づいての派遣法の改悪に関係しているようだ。

 大きな問題点は、連合が、派遣労働者寄りは、財界、企業の方に目を向けているということだ。その上での、企業のための派遣法の改悪に寄与していることになる。ニュースも、視点を変えて読む必要がありそうだ。
posted by トッペイ at 01:15| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 貧困化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
事業仕分けで浮いた税金を、若者の雇用対策に使えばまだまともなんですが……

 実態は。

皆さんの税金を、2012年までに中国へ1兆7500億円プレゼントするそうです。
森林伐採と工業化のために農民から農地を強制接収する中国に。

黄砂対策で連携強化、日中環境相合意 中国へ資金協力も
(途上国、とは言ってるけど多分ほとんど中国)
2010年5月22日 asahi.com
http://www.asahi.com/politics/update/0522/TKY201005220233.html

 地球温暖化詐欺(海外動画)
http://www.youtube.com/watch?v=P--pmZpwYEY
Posted by 燕子花 at 2010年05月25日 22:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151010115

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。