リンク集

2010年04月11日

台湾版スーザンボイルがYouTubeで人気



 本日は、実にくだけたニュースである。台湾のオーディション番組に登場した女性が、2匹目のドジョウを狙うことができるか。
 案外、日本にも、候補者がいるかもしれない。歌は心で歌うもの。つい最近、人は見た目なんて本も出ている世の中だが。

『英人気オーディション番組「ブリテンズ・ゴット・タレント(Britain's Got Talent)」に出演して一躍スターとなった歌手のスーザン・ボイル(Susan Boyle)さんだが、台湾では、「中華版スーザン・ボイル」として騒がれている人物がいる。

 事の発端は、台湾のオーディション番組でホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston)の『I Will Always Love You』を熱唱する林育チュン(Lin Yu-chun)さん(24)の映像が、前週末に動画投稿サイト「ユーチューブ(YouTube)」に投稿されたことだった。一夜にしてセンセーションを巻き起こし、閲覧回数はこれまでに48万回を超えている。

 まるまると太った小柄な体格から「リトル・ファティー」とも呼ばれている林さんは、現在、楽器店でパートとして働いている。8日、AFPに対し、大反響を呼んだことについて「驚いた。僕のホイットニーの歌が多くの人に気に入ってもらえたことは、うれしいし、非常に感動している」と語った。
 
 また、番組を放映した台湾TVBSテレビに「中華版スーザン・ボイル」と称されたことについては、「光栄に思っている。スーザン・ボイルは僕に勇気を与えてくれた。負け犬のようにさげすまれ、ルックスが十人並みであっても、舞台で輝けるんだということを、彼女は証明してくれたから」と話した。』
posted by トッペイ at 00:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。