リンク集

2010年04月06日

ノーベル賞に食らいつけ 「益川まんじゅう」名大が発売



 国立大学も、独立行政法人にされてから、かなり、運営が厳しくなったようだ。その流れで、大学のオリジナルグッズも売りだされている。各大学に名物があるようだ。

 今回、ノーベル物理学賞を受賞した益川俊英先生の母校で、益川先生の似顔絵が入ったまんじゅうとせんべいが売りに出されるという。

 科学者の中にも、世界の平和のために、発現し、運動をしている人が少なくない。益川先生も、平和運動や、憲法9条を守る会などで活躍されている。科学者も、社会に生きる一員として、よりよい社会を目指し、戦争に向かう動きに反対の意思を示すなど、頑張っておられる方が少なくない。

『ノーベル物理学賞を受賞した益川敏英・名古屋大特別教授が、母校・名大のオリジナルまんじゅうとせんべいに似顔絵で登場する。入学式のある5日から名古屋市千種区の東山キャンパスで販売する。

 益川氏は「うれしい」。そして「(先生を食ってやろうと)こういうことを堂々とやるのが名大の文化だ」と分析。発案者の浜口道成・名大総長は「益川先生に食らいつく学生が生まれるのを期待したい」と笑顔で話した。

 名大オリジナルのまんじゅう(1箱12個入り1050円)とせんべい(1箱18枚入り750円)は、これまで学章の焼き印入りで名古屋大学消費生活協同組合が販売。入学や卒業の記念にと学生や親たちに売れるという。これからは学章と似顔絵の焼き印を半々にする。値段は同じ。 』
posted by トッペイ at 02:50| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大学も時代に生きてますね♪
教授など、もっと大衆の中に入ってほしいと
願い、本当の教育が実施されることを期待します♪
Posted by あくび at 2010年04月07日 00:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145737442

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。