リンク集

2010年03月30日

減り続ける米国のミツバチ、大寒波でさらに減少か



 世界中で、ミツバチの減少が報告されてから、依然と原因不明のまま、減少が続いているようだ。原因については、様々な仮説が出ているが、それらが複合的に働いているのではないかとの指摘もされている。
 我が国においても、ミツバチの減少は、イチゴや果物栽培農家への深刻な影響を与えている。
 人間にとって、自然界は、コントロール出来る対象ではないようだ。破壊することは容易であるが。

 米国でも、ミツバチの減少が止まらない。未だ、人間はなす術がない。
この冬の大寒波の影響が、減少傾向にさらに拍車をかけているらしい。

『米国内でミツバチの個体数が初めて減少した06年以来、ミツバチの数は下落の一途をたどり、研究者や養蜂家らは懸念を募らせている。

 米農務省のデータによると、ミツバチの数の減少率は07年に32%、08年に36%、09年に29%と、減少傾向が止まらず、蜂蜜の生産のみならず、農作物の生産にも深刻な影響を与えている。約150億ドル(約1兆4000万円)相当もの農作物はが、ミツバチの授粉に生産を頼っているからだ。

 ミツバチが大量に死滅する「蜂群崩壊症候群(Colony Collapse Disorder、CCD)」と呼ばれる現象は、米国のほかにも欧州など世界各地で報告されている。

 CCDの原因として、研究者らはウイルス、寄生虫、殺虫剤、栄養不良、環境要因などを挙げているが、これまでのところ決定的な要因はつかめていない。

■大寒波で減少に拍車か

 米メリーランド(Maryland)州にある農務省付属ミツバチ研究所(Bee Research Laboratory)のジェフ・ペッティス(Jeff Pettis)主任研究員は、今冬、米国各地を襲った大寒波がミツバチの減少に拍車をかけるのではないかと危ぐする。

 ミツバチ個体数の今冬の正式データは4月に発表されるが、米養蜂家協会のデビッド・メンデス(David Mendes)会長は、減少率は30〜50%に達するだろうと話す。

■最大の要因はやはり殺虫剤?

 CCDについて、メンデス会長は、さまざまな要因が絡まり合った可能性が考えられるとする一方で、最も大きな原因は殺虫剤の使用量増加ではないかとみている。

 米科学誌「Public Library of Science(PLoS)」最新号には、米23州とカナダでミツバチや花粉、巣箱などから採取された887のサンプルから121種類の殺虫剤が検出されたとする調査結果が掲載されている。』
posted by トッペイ at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。