リンク集

2010年03月26日

4万年前、シベリアに未知の人類がいた



 西シベリア南部の洞窟から発見された小指の骨のDNA解読から、4万年前に、今まで知られていなかった人類が存在していたことが判明した。現代人(ホモ・サピエンス)が、ネアンデルタール人と共存していたことは分かっていたが、今回の、発見で、他の複数の人類との共存の可能性も示された。人類も、多様性の中にあった。
 色々な人類が、進化の上で存在し、ホモ・サピエンスだけが生き残った。かつてあった人類の多様性は、どのようにして失われて行ったのか、興味のある所である。

『現在のロシア・シベリア(Siberia)地方南部に約4万年前に生息していた人類のDNAを解読した結果、発見されたことのない新種の系統に属することが分かった−−人類はアフリカ大陸を起源とし、世界を征服していったという従来のシナリオが書き換えられるかもしれない。24日、英科学誌ネイチャー(Nature)に研究結果が発表された。

 ネアンデルタール人の大半のゲノムを解析した実績のある独マックスプランク進化人類学研究所(Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology)のチームは今回、アルタイ山脈(Altai Mountains)のデニソワ洞穴(Denisova Cave)で、2008年に発見された子どものものと思われる人類の小指の骨をDNA解析した。炭素年代測定によると、この骨が発見された地層は約3万年前から4万8000年前の間のものだった。

 細胞小器官ミトコンドリアから抽出したDNAの解読結果を、ネアンデルタール人、現生人類、チンパンジー族のボノボやチンパンジーのDNAと比較したところ、現生人類やそれに並ぶ系統のヒト属とは別の属とみなすにふさわしい約400か所の遺伝子的な違いが確認された。

 結果、この「デニソワ人(Denisova Hominid)」は約100万年前に、現生人類やネアンデルタール人と共通の祖先から枝分かれしたと考えられる。これが正しければ、これまで語られてきた「人類の船出」のストーリーは大きく変わることになる。』
posted by トッペイ at 02:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144655344

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。