リンク集

2010年03月20日

ディンゴは最古の犬の可能性



 人と犬との関係は、太古の時代にさかのぼるそうです。その頃の犬は、狼に非常に近い種類だったようです。
 最近は、生物学でも、DNA解析の手法がとられるようになり、多くの新発見がなされてきました。
 最初の頃の犬はどんなものだったのだろうか。

 オーストラリアを代表するディンゴのDNA解析が行われ、その結果、ディンゴが最古の犬の可能性が高まったという興味深いニュースでした。

 人と犬とは、昔から、よきパートナーであったことを思うと、最初の頃の犬のイメージが、写真から伝わってくるようでした。。

『オーストラリアを象徴する犬「ディンゴ」は世界最古の犬種かもしれないとのDNA調査結果が、英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。

 豪ニューサウスウェールズ大学(University of New South Wales)のアラン・ウィルトン(Alan Wilton)博士らによる国際研究チームは、85犬種のイヌ約1000匹とオオカミ数百匹を対象とする大規模なDNA調査を行った。その結果、ディンゴとその近種であるニューギニア・シンギング・ドッグが、調査対象の犬種の中で最もオオカミに近い遺伝情報を有していることが分かったという。

 研究者らは今回の調査結果について、ディンゴが一般的なイエイヌのどの犬種ともかなり異なるとの定説を支持するものだとして、種の保全に弾みが付くことに期待を寄せている。

 ディンゴは約5000年前にインドネシアからオーストラリアに持ち込まれた。ディンゴとニューギニア・シンギング・ドッグは数千年間にわたり、他の犬種と交雑することなく進化してきたとされるが、近年は交雑が進み、純血種の保護を求める声が高まっている。ウィルトン博士によると、オーストラリア東海岸に生息するディンゴの80%が雑種だとみられている。』
posted by トッペイ at 02:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144111337

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。