リンク集

2010年03月09日

北極海大陸棚からメタンが漏出、温暖化促進の恐れ 米研究



 自然界の脅威というのは底知れないものである。現在、地球温暖化防止のために、世界中で、二酸化炭素の排出の対策の早急の実施が求められているが、人間の力の及ばない所で、二酸化炭素の30倍もの温暖化の効果のあるメタンガスが漏出しているというニュースが報道された。
 まったく、厄介な問題である。

『二酸化炭素(CO2)より30倍も温暖化効果が強いメタンが、東シベリアの北極海の海底から従来考えられていたよりも急速に漏出しており、地球温暖化を加速する恐れがあるという論文が米科学誌サイエンス(Science)に掲載されることが4日、明らかになった。

 アラスカ州立大学フェアバンクス校(University of Alaska-Fairbanks)のナタリア・シャコーバ(Natalia Shakhova)氏とIgor Semiletov氏が率いる国際研究チームが2003〜08年にかけて約200平方キロある東シベリアの北極海の大陸棚を調査したところ、調査海域の深海水の80%以上と表層水の50%以上で、メタン濃度が通常の約8倍になっていることが分かったという。

 陸上の永久凍土のメタン放出については従来から研究されていたが、海底からの放出についてはあまり研究されていなかった。

 論文によれば専門家の間で、東シベリアの北極海大陸棚の海底にある永久凍土層には大量の炭素が含まれており、その炭素がメタンの形で大気中に漏出すれば気温が上昇して、さらに永久凍土層からのメタン放出を促進するという正のフィードバックを引き起こし、急激な気候変動が起きる恐れがあると懸念されている。』
posted by トッペイ at 02:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。