リンク集

2010年02月25日

小型犬の起源は1万2千年以上前の中東にあり



 人間と犬との緊密な関係は、太古の世界にさかのぼる。人間の良きパートナーとして、大型犬の3万1千年前の大型犬の化石がヨーロッパで発掘されている。

 では、小型犬も同様であるのか。小形犬に関しては、中東が起源であるという研究結果が出た。
 今回、アメリカのカルフォルニア大学ロサンゼルス校の研究チームが、中東で1万2000年前の小型犬の化石を発掘した考古学チームと協働して研究が行われた。

 小型犬は、大型犬と比べて、よりペットの要素が強いのであろう。

『小型の飼い犬の起源は1万2000年以上前の中東にあり、同地に生息するハイイロオオカミの子孫である可能性があるとする研究結果が24日、生物学の専門誌BMCバイオロジー(BMC Biology)電子版に掲載された。

 米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(University of California at Los Angeles、UCLA)の研究チームは、小型犬を特徴付ける遺伝子「IGF1」の変異を追跡した。その結果、小型犬に見られるIGF1の変形は中東に生息するオオカミのものと非常に近く、このオオカミの先祖のものと一致することが判明した。

 研究は、中東で1万2000年前の小型犬の化石を発掘した考古学チームと協働して行われた。欧州ではこれよりも古い3万1000年前の犬の化石が発掘されているが、大型犬のものであることがわかっている。

 犬の選択は、古代、現在のイラクにあった「肥沃な三日月地帯」や農業が行われていた地域の住民たちにより行われた可能性がある。研究者は、「人口密度が高く、犬が屋外の狭いスペースまたは屋内でも飼われていた農業社会では、大型犬より小型犬の方が好まれたのではないか」と推測している。』
posted by トッペイ at 01:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142058049

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。