リンク集

2010年01月21日

帰れミツバチ大作戦、フランスで道端に花壇設置



 世界中で、ミツバチの大量死が問題になっているが、相変わらず、原因は特定できていない。原因としては、バロアダニ、ノゼマ原虫の寄生、農薬や気候変動の影響、大農場化や道路・芝生の整備で草花が失われていくことによる栄養不良などが挙げられてるが、決定的な原因は分かっていない。一番妥当だと思われているのが、こうした原因が複合的に働いているのではないかということのようだ。
 日本でも、イチゴ栽培農家などに大きな影響を与えている。

 原因は特定できないものの、フランス政府はある方法を試そうとしている。

 『フランス政府は19日、世界中で姿を消しているミツバチを増やす実験的な試みとして、蜜(みつ)を持つ花の種を道路脇にまく計画を発表した。今後数か月で250キロ以上の無料道路の脇に種をまき、その後3年かけて総延長1万2000キロに延ばすことを目指す。

 計画を発表したシャンタル・ジョアノ(Chantal Jouanno)環境・エネルギー管理庁長官は、「われわれが食べる物の35%以上は、ミツバチなどの授粉昆虫によって生み出されている。こうした昆虫を守ることは、わたしたちの命を守ることでもある」と話した。

 北米、欧州、アジアの各地で、ミツバチの巣箱は「蜂群崩壊症候群(Colony Collapse Disorder、CCD)」と呼ばれる謎の現象の直撃を受けている。通常、巣箱におけるミツバチの減少率は5%程度だが、CCDの場合は3割から5割、時には90%も死滅してしまう。』

 とりあえずは、いい結果が出ることを期待する。それにしても、原因が人間の関与にあるとしたら、大いに反省しなくてはなるまい。自然の復讐ということになるのであるから。
posted by トッペイ at 01:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。