リンク集

2009年03月16日

イタリアで「吸血鬼」の頭蓋骨、見つかる

イタリアで「吸血鬼」の頭蓋骨、見つかる
 [ローマ  12日 ロイター] イタリアの研究グループが、ベネチアで女性の「吸血鬼」の頭蓋(ずがい..........≪続きを読む≫


科学が、宗教の影響力より弱かった時代には、本当に吸血鬼の存在が信じられていたのですね。死体にも、口にレンガを押し込めるという処置を行っているなど、人間の無知から行われる残虐さを見て、ぞっとしました。でも、現代でも、スピリチュアリズムや霊魂の存在を信じている人が多いそうです。そういう人たちは、文化的には、吸血鬼の実在を信じていた頃と、文化的には進歩していないようです。僕には、人間の心に巣食う非合理主義の考え方の方が、吸血鬼より恐ろしく感じられます。
posted by トッペイ at 00:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115710795

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。