リンク集

2009年02月09日

ダーウィン生誕200年と進化の木



 今年はダーウィン生誕200年の年にあたります。実際に「種の起源」や「ピーグル号航海記」が岩波文庫から出ていますから、実際に読んでみようかなと思っています。教科書などで、概略を知ることができますが、実際に原著(外国語が堪能なら本当の原文で読むべきなのかも知れませんが、実力不足から翻訳書ですね)から著者の声を聴くことが大事なのかも知れません。
 進化論と言うと、社会学に「社会的進化論」が存在しますが、ダーウィンは否定しましたね。この考え方は、ドイツのナチズムなどに利用されたことがあるように、危険な思想だといえそうです。
 今年は、200年を記念して色々な行事も予定されているのでしょう。そういえば、カトリック側から昨年、「種の起源」は問題ないという見解が出されました。でも、プロテスタントでも、キリスト教原理主義者は未だに、学校で進化論を教えることに反対しています。

 生命の木の図は、進化論の考えが表現されたものです。命の大切さ、生物の多様性の大切さを考えさせられます。
posted by トッペイ at 01:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。