リンク集

2011年01月07日

断酒のためのワクチンの開発という外国のニュースが気になりました



 アル中という言葉は、今も使われているのでしょうか。アルコール中毒の略語ですね。現在は、依存症の中の症例として紹介されています。そのように、注意して認識しなければならないのは、アルコール依存症は「病気」だということです。精神疾患と理解しなくてはならないでしょう。それに、肝機能障害などの合併症のリスクも高くなっています。主婦のキッチンドランカーが一時話題になったことがありますが、最近は、高齢者のアルコール依存症が増加しているということです。増加要因に関しては、社会学的考察が必要なんでしょうが、今回は、触れません。
 このニュースでは、ワクチンを使用するということです。使用後は、アルコール飲酒すると、嘔吐感などの不快感が生じて、飲酒を嫌うようにするんですね。

 実用化に関しては、確実な事かどうかわかりませんが、現在、アルコール依存症だと自覚している人、あるいは、周囲で気がついた場合は、専門の病院に受診して下さい。断酒会などの当事者団体の利用も必要となるでしょう。

追記:新年会のシーズン、また、これから大学生の卒業や新入生歓迎のためのイベントで、「アルハラ」の危険が高まる時期がやってきます。アルコールを、無理やり飲ませることは、急性アルコール中毒による殺人行為に等しいということを、十分に自覚してほしいものです。今日の朝刊でも、ある大学では、そうした催しを学校当局に事前に届けるように決めたと報道されていました。どうも、日本人は、アルコールの扱いに甘いようです。「酒の席のことだから」という言い訳が、未だに、まかり通ることが少なくないようです。新入生が、せっかくの大学生活を送る上で、自らの命を先輩や同級生によって絶たれることなんてあってはならないことですよね。また、飲酒運転を言語道断です。

 最後に、依存症に関しては、薬物依存症、買い物依存症、セックス依存症などの増加と、それらを病気を捉えて治療すべきものだという社会的コンセンサスが高まることを切望しています。そして、そうした当事者には、周囲の人間や社会のサポートが求められていることも認識してもらいたいと思います。
posted by トッペイ at 11:34| 東京 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本気で社会的禁煙を推進することは難しい/外国は喫煙者に厳しくなりつつある



 世界的に禁煙の動きが強まっている。
まあ、タバコには健康面に対して全くのプラス面がないのだから当然なのであろう。あの芥川龍之介の小品が、タバコの存在について面白く描いているのが記憶に強く残っている。

 さて、地元でも駅周辺は禁煙地区に指定されている。しかし、朝の風景の中に、ビルの外で喫煙しているサラリーマンたちをよく見かける。職場では吸えないので、ビルの陰で吸っているのだが、禁煙地域内なのに罪の意識はないのだろうか。また、同地域内のコンビニの前でも、少なからず喫煙者を見かける。当然、そのコンビニではタバコを売っているのであるが。
 さらに最悪な事が2点。一つは、禁煙地域内に、市がわざわざ喫煙コーナーを設けていること。
 もう一つは、歩きタバコの増加。あれって、すごい危険行為なんですよ。歩行中に子どもにでも火が当たったら大変な事になります。
 自転車に乗りながらの喫煙行為も最低ですね。

 何よりも、こうした喫煙行為も「自分の健康に関してはとやかく言われたくない」という言い訳は通用しません。間接喫煙で、家族や傍を通る通行人までに健康被害のリスクを高めているのですから。

 ハンバーガーショップでも、分煙の所がありますが、完全な閉鎖空間は作ることが不可能で、禁煙コーナーを利用していてもかなりのタバコの匂いがしてきます。

 道路も、タバコの吸い殻が散乱しています。中には、火がついたまま捨てられているものも見かけます。

 責めて禁煙指定地域内では、その言葉の通りに全面禁煙してもらいたいですね。
posted by トッペイ at 11:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。